無料の会員登録をすると
お気に入りができます

原田夏希さんの出産内祝いは「普段から愛用している外さない3品」

子育て

産後のtodoリストの中で、なかなかのカロリーを要す内祝いの手配。喜んでほしいし、特別感のあるものにしたい。でも、好みが分かれるものは避けたいし…何が正解!?そこで、VERYモデルの内祝いをリサーチ。美味しくて身体に良いものが大好きというモデルの原田夏希さんは昨年第二子をご出産。内祝いに何を贈ったか、相手と金額別に教えてもらいました。

相手:友人、親族、仕事関係の方々

予算:いただいた金額の半分

Item:「加島屋」のさけ茶漬・いくら醤油漬

結婚式の内祝いを決めたときからお気に入りの加島屋のさけ茶漬といくら醤油漬を、第一子の頃から出産祝いの内祝いとして贈っています。老若男女に好まれるごはんのおともなので、好みがわからない相手でも失敗しません。
金額に応じてサイズや個数を変えて調達しました。

さけ・いくら瓶詰BM2-03セット

¥5,296 (化粧箱代220円を含みます)
脂ののったキングサーモンがしっとりとした旨味とまろやかな味わいのさけ茶漬140gと北海道沿岸で漁獲される秋鮭の卵を丁寧にほぐし、醤油・清酒などに漬け込んだいくら醤油漬170gのセット。おにぎりの具や手巻き寿司の具、お酒の肴にも最適。

加島屋についてはこちら

相手:海外にいる友人、夫の仕事関係の方々

予算:いただいた金額の半分

Item:加賀麩不室屋のお吸いものセット「宝づくし」

第二子出産までは夫の仕事で海外にいたので、その頃の友人や夫の仕事関係の方々などには、日持ちがして手軽にお吸いものを楽しめるこちらを。これも、結婚式の内祝いの頃から大好きな商品で、私自身も時々購入しています。お湯を注ぐだけで本格的なお吸いものを味わえて、何より華やかな見た目が嬉しくなります。

宝づくし 14ケ入り ¥3,500(税込) 18ケ入り ¥4,428(税込) 24ケ入り ¥5,886(税込)

手のひらに収まるほどの小さくて可愛らしいふやきの中に、色とりどりの麩や野菜をたっぷりと詰め込み、宝箱に見立てた「ふやき御汁 宝の麩」の詰め合わせ。お湯を注ぐと、ふやきの中から次々に色とりどりの具材が出てきます。
※詰め合わせには季節商品が含まれており、季節によって入れ替わります。

加賀麩不室屋についてはこちら
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ