無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[金銭感覚チェック!]あなたは浪費家?貯蓄家?多くの60代が「老後資金作りは40代が重要」と言う、その理由は

人生には愛や生きがいのほかに必要不可欠なものがありますよね。それはお金です。仕事で一生懸命稼いだお金は、生活のために、子どものために使い、人生を豊かにしてくれます。
とはいえ、仕事で得たお金にも限りがあり、貯えだけでは老後を安心して過ごすことができません。それぞれが自分の人生の現状をしっかり見つめながら、資産を運用していくこと求められています。

節約・マネー

あなたは浪費家の定義とは

www.matsui.co.jp

『松井証券株式会社調べ』

松井証券株式会社が子どもと親のいる全国の20-60代男女、合計800名を対象に行った「老後資金に関する調査」によって、浪費家と貯蓄家の境界線が見えてきました。

〝浪費家〟の定義
年収の「10%以下」を貯蓄している人

〝貯蓄家〟の定義
年収の「30%以上」を貯蓄している人

調査に回答したアンケートの中央値を計算すると、年収の0~10%程度しか貯蓄できていない人が“浪費家”、11~29%程度を貯蓄に回せしている人を“一般的”、30%以上を貯蓄に回せている人が“貯蓄家”という認識でいる人が多いことがわかりました。

貯蓄はしたいが、現実は甘くない!?

www.matsui.co.jp

『松井証券株式会社調べ』

現在ある実際の貯蓄額と理想の貯蓄額をきいた調査(金額は中央値で集計)によると、

実際の貯蓄額
30代「300万円」
40代「350万円」
50代「500万円」
60代「1200万円」

理想の世帯貯蓄額
30代「1,000万円」
40代「1,000万円」
50代「2,000万円」
60代「3,000万円」

世代別に、理想の貯蓄額と現在の貯蓄額を比較すると、年代が上がるにつれて、その差が大きくなる傾向にあり、60代で理想と現実のギャップ(差額1,800万円)が最も大きくなる結果となりました。

将来のために貯蓄をしたいと考える一方で、思うようにお金を貯められない現実があるようです。

40代までは子どものための貯蓄、その後の老後資金に大きな不安

www.matsui.co.jp

『松井証券株式会社調べ』

www.matsui.co.jp

『松井証券株式会社調べ』

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ