無料の会員登録をすると
お気に入りができます

使って後悔はしたくない!やめてよかったお金の使い方3つ

お金の使い方を工夫するだけで、出ていくお金を自然とセーブできるかもしれません。

節約・マネー

何気なく使っている日々のお金。使い方を見直すだけで、手元に残る金額がグンと増えるかもしれません。

fumumu取材班が、「やめてよかった!」と実感したお金の使い方を聞いてきました。

①安さに目がくらみ…

「そこまで欲しくないのに、安いからと買ってしまうのをやめました。好きなブランドがセールをやっていると、ピンとくるものがなくても、もったいないから買っちゃおう! と衝動買いすることがあったんです。
でも、自分が本当に欲しいと思ったものではないから、結局あまり使わないんですよね。愛着もないから、トレンドが変わると捨てたくなることもあって。いくら安くても、大切に使えないなら、ただ無駄にお金を使っているだけだなぁと思ったんです。
物の安さ以上に、自分が本当に欲しいと思っているかどうかを、しっかり考えたほうがいいんじゃないでしょうか」(20代・女性)

関連記事:「浪費癖」から卒業するには? お金を使いすぎないためのポイント

②見栄に使う

「周りによく思われたくて、見栄でお金を使っていた時期がありました。無理をして高いバッグを買ったり、興味のない旅行の予定を入れたり…。今考えると、本当にもったいないことをしました。
お金に余裕があると、アピールしたかっただけなんですよね。本心では使いたくないところにお金をかけているから、いつまでも気持ちは満たされないし…。ふとむなしくなったんです。
自分が本心からお金をかけたいと思っているのか、周りに見てほしいだけなのか、冷静に考えてみたほうがいいと思います」(20代・女性)

③「とりあえず」は卒業

「『とりあえず買っておこう』と、特に考えずに買い物をするのはやめたほうがいいと思います。せっかく遠出したから、とりあえず買っておこうとか。家にあるかもしれないけど、ないかもしれないから買っておこうとか。
とりあえずで購入して、買ってよかった! と思ったことなんて、ほとんどないんです。何気なく購入して、ずっと購入品を放置してしまったこともありました。お金を使っている意識が少ないから、財布の中身が空になっても、どうしてないのか自分でもわからないんですよね。
お金の使い方が上手な人は、ちゃんと財布を開いている意識を持っているんだと思います。購入する前に、本当に必要かな? と一呼吸入れるようにしたら、お金が減っていくスピードが遅くなりましたよ」(20代・女性)

お金を使うところは使う、財布のひもを締めるところは締める。

なかなか難しいですが、いざというときに「お金がない!」とならないように、お金の使うタイミングを見極めていきたいですね。

(文/fumumu編集部・くまのなな)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ