無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダサ見えしたくない人必見!これが正解♡今っぽ垢抜け眉の整え方&描き方

こんにちは、huisです。今日のテーマは眉メイクです。眉メイクって本当に難しいですよね。整え方、描き方次第では古くさく、野暮ったい印象を与えてしまうかも…。昔からずっと眉毛の描き方を変えていない!という方も、ぜひこの機会に、今っぽい垢抜け眉メイクに挑戦してみてくださいね♡

メイク

これだけはやっちゃだめ!NG眉

1:海苔が張り付いたような、描いてます感のある眉

一見綺麗に見えますが、眉頭から眉尻まで同じ濃さでしっかり描かれているので、海苔が張り付いたような印象に。スクリューブラシでしっかりボカす事が重要です!

2:極端に下がった困り眉

下がりすぎてバランスが悪く不健康な印象に。大きな鏡で、顔の全体のバランスを見ながら描くと上手く描けますよ♡

3:毛流れが整っていないボサ眉

ボサ眉が流行っているからと、放置していると野暮ったい印象に。スクリューブラシで毛流れを整えて、眉頭を立ち上げると今っぽい眉に仕上がります。

4:眉マスカラがベタっとついた明るすぎる眉

明るすぎる眉は時代遅れ。カラーは髪色と黒目の中間色を使用し、眉マスカラをする時はティッシュオフしてナチュラルに仕上げましょう。

これが正解!今っぽ眉のポイント

正解眉は毛流れが整い、眉が生え揃ってないところが自然なカラーで描き加えられていることがポイントです。

形はなりたい顔に合わせて変えてOKですが、太さ、長さは極端に変えると不自然です。ご自身に合う眉の形を研究するのが1番ですが、分からない方は眉の黄金比に合わせて整えてあげましょう。

眉の黄金比とは

眉山は黒目の終わりから目尻の間くらいに来るようにします。眉尻は小鼻から目尻を繋いだ延長線上にくるようにしましょう。

太さは目の縦幅の2/3が理想とされています。

眉の整え方

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ