無料の会員登録をすると
お気に入りができます

着太り回避!重ね着、羽織り、色の効果で「細見え」する4つの方法

どうしても着ぶくれしがちな秋冬ファッション。カーディガンやジャケットなど羽織りアイテムを使って、スタイルアップできる方法があるんです。

ファッション

アイテム選びや色合わせで、秋冬の着ぶくれを回避!

秋冬のファッションは、着ぶくれしやすいのが悩みの種ではないでしょうか。体型をカバーしてくれるアイテムを選ぶのはもちろん、重ね着や色の効果で、視覚的にスタイルよく見せたいものです。
今回は、アイテムのレイヤードで細見えするポイントを4つご紹介します!

1. ボリュームニットは差し色を使ってすっきり

■淡色セーターから白を覗かせて

ベージュのローゲージニットのコーデ 出典:WEAR

WEAR

ビッグシルエットのニットは、2020秋冬のトレンドアイテムのひとつ。一歩間違えると着ぶくれするアイテムですが、身体のラインを拾いにくいため、コーディネート次第でスタイルアップできます。

ベージュとパステルピンクはどちらも淡い色なので、ぼんやりした印象になりがち。ニットの裾からTシャツの白を見せると、お互いの色の美しさが引き立ち、すっきり見えます。

■なで肩さんにはニットベスト

ベージュのミドルゲージのニットベストのコーデ 出典:WEAR

WEAR

なで肩が気になる人は、セーターよりもベストがおすすめ。肩幅よりも広いスクエアなフォルムを選べば、肩のラインが曖昧になります。

ベージュ系のワントーンコーデは無難ですが、野暮ったい印象になりがち。ベストの裾からTシャツの裾を見せて、差し色の効果を取り入れましょう。

ほんの少し白が入るだけで、ニットとパンツの色みや素材の特徴がはっきりし、洗練された着こなしになります。

2. ウエスト位置が高く見えるトップスを重ねる

■短めのニットベストでほっそり

前後で長さの違うニットベストのコーデ 出典:WEAR

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ