無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アクセやインテリアに♡余ったボタンを使ったおしゃれな活用術6選

もう着ない洋服を処分しても、可愛いボタンだけは取っておきたいなと思うこともありますよね。引き出しにしまい込むのではなく、簡単なDIYで可愛い小物にリメイクしてみましょう♡

2017年8月
DIY

洋服のボタンを再利用!

可愛いボタンがあると、何かに使えるかもと思って取っておきたくなりますよね。しかし実際は使い方が思い浮かばず、持て余してしまうことも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、余ったボタンを再利用したDIYについてご紹介します。可愛い柄のくるみボタンだけでなく、ごく普通のシンプルなボタンも使えますよ♡

①ヘアアクセ

くるみボタンの可愛さを生かして♡

creon-diy.jp

くるみボタンにゴムを通すだけで、可愛いヘアアクセのできあがり!リンク先では100均のキットと布を使ってボタンから作っていますが、もちろん家にあるくるみボタンで大丈夫です。

ハーフリネンで親子くるみボタンのヘアゴム
creon-diy.jp

こちらはボタン裏の金具を外して、ピンを貼りつけたもの。何個か作って並べて着けると、さらに可愛くなりそうですね。

くるみボタンでかんたん親子ヘアピン

②手作りカード

お絵描きよりも簡単!

絵心がないからカードを手作りするなんて無理、と思っていませんか?白い厚紙にボタンと毛糸を貼りつければ、絵が苦手でもお洒落なカードを作れるんです。

ボタンがたくさんなければ、1個だけでもOK。麻ひもを通して結ぶだけで、ナチュラルな雰囲気を楽しめます。

③壁掛けアート

立体感があって豪華な作品に

大きめの紙に簡単なイラストを描き、ボタンを貼りつければお洒落な壁掛けアートができあがります。立体感があるので、遠くから見ても目立ちそうですね。

木の描き方は、こちらの動画の0:15~1:30を参考にしてみてくださいね。枝の周りに少しずつ接着剤を塗り、全体のバランスを見ながらボタンを貼りつけて仕上げましょう。

④コースター

ボタンを並べるだけで可愛い♡

DIY button coaster! Watch the tutorial at youtube.com/SeaLemonDIY
instagram.com

平たいボタンを並べて作ったコースターは、お店では見つからないような個性的なデザインが素敵。お家でのティータイムが、さらに楽しいものなりそうですね。

0:40~ テープの上にボタンを貼りつけます。

粘着面が上になるように、長さ13cmのテープを5枚紙に貼りつけます。ボタンを逆さまにして、テープに貼りつけましょう。コップが置けるサイズであれば、どんな形にしてもOKです。

1:30~ 接着剤でコーティングすればできあがり!

隙間とボタンの上に接着剤を塗り、そのまま乾かしておきましょう。テープからそっと剥がせば完成です。熱いものを置くと接着剤が溶けてしまうこともあるので、冷たいドリンク専用にしてくださいね。

⑤小物入れ

普通のボタンがインテリアグッズに変身!

シャツなどに付いているシンプルなボタンは、そのままヘアアクセにするには少し物足りないですよね。しかし風船に貼りつければ、お洒落な小物入れに変身するんです。

風船を膨らませてから接着剤を塗ります。そこに隙間なくボタンを貼りつけて、丸いボウルの形を作りましょう。接着剤が乾いたら風船を割り、中を綺麗にしてくださいね。

⑥ブーケ

手作り結婚式にも使える華やかさ♡

blog.loveknitting.com

海外の手作り結婚式で人気なのが、ボタンで作った華やかなブーケ。ゴールドやパールなどでまとめれば、エレガントに仕上がりますよ。

0:12~ ボタンをワイヤーに通します

ボタンを3個選び、一番小さなものから1本のワイヤーに通します。これをたくさん作ったらワイヤーの長さを揃えて、1本ずつねじっておきましょう。

0:45~ ワイヤーを挿し込めばブーケに♡

根元部分にフローラルテープを巻きつけて固定し、ハンドル部分にリボンを結びます。あとはベース部分がきちんと隠れるまで、ワイヤーを挿し込んでくださいね。

スーパーウェット8

スミザーズオアシスジャパン

¥ 600

給水機能付きなので主に生花のブーケ作りに使われますが、ボタンブーケの形を整えるときにも便利。バランスを見ながら挿し込むだけで、綺麗な丸い形になりますよ。<傾き>、<まっすぐ>の2種類あり。

商品詳細
スーパーウェット8
www.smithersoasis.jp
商品詳細

ボタンは捨てずに再利用が正解!

Pin it
ピンもと: gr8byz4u.com
3
2703

ボタンは使い道がないと捨てたくなりますが、DIYの材料としては優秀!お家に余っているボタンがあったら、無駄にせず何か作ってみてはいかがでしょう?

記事に関するお問い合わせ