無料の会員登録をすると
お気に入りができます

転勤ばかりで辛いと悩むママに寄せられた、転勤族のメリットとは?

ライフスタイル

転勤すると決まったとき、旦那さん1人で単身赴任をしてもらうか、家族も一緒についていくのかはとても悩みますよね。転勤先についていくとなれば、ママが仕事を辞めたり、就学中の子どもであれば学校を変えることにもなります。度重なる転勤に疲れたママからこんな相談がありました。

『転勤族専業主婦のモヤモヤ。数ヶ月後にはまた転勤シーズンがやってきます……。毎回今後の人生を左右する“ダーツの旅”みたいな気分です。うちには小学校3年生、1年生、2歳の子がいます。子どもたちを一時預かり保育から始めて、落ち着いたらパートでもと考えていました。
しかし、そこに立ちはだかる転勤族の壁。3年程住んで、友人もでき、この土地にもだいぶ慣れてきたなと思うところで引越し。子どもたちも私も人間関係をリセットすることになる。パートをしても引っ越し前後はバタバタするから、実際に働けるのは続いても1年かそこら。旦那もしんどいだろうけど、同じ会社で働けるっていう点ではいいなぁと……』

3年ほどの周期で旦那さんの転勤があり、相談者さんはパートを始めたとしても長くは続けられないし、子どもたちも毎回人間関係をリセットしなければならないと悩んでいます。

「転勤先についていく悩み、分かるよ!」との声

相談者さんと同じく、旦那さんの転勤で悩むママたちは少なくない様子。

『すごく分かる。うちは今、7歳と4歳。そろそろ働きたいなぁって思っているんだけれども、移動を考えるとどうにもこうにもならない。下の子も年中になったし、そろそろ……と思うけれど高確率で来年転勤。まだ今年の4月に引っ越して来たばっかりなのになぁ……。ちゃんと根を張って生きたい』
『うちも転勤族。下の子が幼稚園に入って最近パートを始めた。すごくいい職場で楽しくて。折角こんないい職場に巡り合えたのに、旦那に辞令が出たらやめなきゃなんだよね。子どもたちも住み慣れた土地や学校を変えなきゃならない。転勤族だとわかって結婚はしたけれど、家族は想像以上に振り回されるよね』

せっかく友達ができてもお別れしなければならない、好きな仕事を見つけても辞めなければならない……転勤族の家族はみな同じ悩みを抱えているようです。

プラス思考で考えよう!こんなメリットもある

しかし転勤のメリットを挙げるママたちもいます。

『まぁ良いように考えるしかないよ。全国に友達ができる、嫌な人とは離れられる、いろいろなところで一からやり直すからコミュ力がつくとかね』
『今、人間関係で嫌なことがあるけれど、もう何年かしたら二度と会わないし、どうでもいいかって思えてきた。今を楽しもう! 仕事ができない状況なら専業主婦でやれるなにか見つけて生きよう! 気持ちを割り切ると、転勤族ってすごく楽しい気がする』
『私はむしろ早く転勤になれ~新しい場所に引っ越したいと思う。住んだことのない場所で新しく生活を始めるのがワクワクする。引っ越しもいらない物を徹底的に片付けられるいい機会だから好き』
『私は2年おきに転勤しているからずっと専業主婦。働いたこともあるけれど、引っ越すたびに手続きの書類を準備したりするのが面倒くさ過ぎて、働くのを辞めた。平日の昼間は自由時間だし、外でランチしたり映画をみたりと好きなことして過ごしているからストレスもないし快適です』

引っ越しのタイミングで家中を整理する、落ち着くまで仕事はしないと決めて自由な時間を満喫する、新しい土地に触れ、そこで生活することにワクワクするなどさまざまな意見がありました。

旦那さんの仕事で転勤が続く以上、一緒についていく家族の生活が変わり続けるのは仕方のないことなのでしょう。しかしプラス思考で考えることで転勤することを楽しめるようになるかもしれませんね。

転勤で変わる家族の生活。それぞれの希望を話し合う機会は必要かも

『うちは上の子が幼稚園のとき、旦那の赴任先が私の地元になったので、そのまま家を建てたよ。何回か単身赴任してもらったけど、旦那はいつも勤務地希望を出しているから、だいたい戻ってこれている』
『気に入った土地があったので家を建てました! 旦那は単身赴任、両実家とも遠方ですが楽しく過ごしていますよ。うちも子ども3人で、5歳3歳1歳です!』
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ