無料の会員登録をすると
お気に入りができます

え、洗剤は使わない?曇りの日がいい?[10分完了!大掃除いらずの窓掃除]意外な簡単テク

お掃除

こんにちは、ヨムーノライターのなないろのしずくです。

いつかやろうと思っていた窓掃除。
ついつい先延ばしにしてしまう私ですが、汚れが気になってきたこともあり久しぶりに掃除をすることに。

私は今まで窓掃除にはガラスクリーナーが必須だと思っていました。
実は、窓掃除は水洗いが基本だということを最近知りました。

実際にお掃除の現場でも洗剤はほとんど使わないそうです。
そこで今回は、日本ハウスクリーニング協会さん監修のもと、お掃除のプロも実践している窓の掃除方法を紹介します。

監修者紹介

【日本ハウスクリーニング協会】
ハウスクリーニングを通じて地域の福祉に寄与し、認定資格講座およびハウスクリーニングの普及啓蒙活動を行なっています。

NPO法人日本ハウスクリーニング協会

プロは洗剤を使わない!知っておきたい窓掃除の基本

窓掃除にかかる時間は約10分

汚れ具合や窓の大きさにもよりますが、窓掃除にかかる時間は約10分です。

用意するもの

・スポンジ(やわらかいもの)
・ハケ
・スクイージー(なくてもOK)
・ぞうきん

ハケは毛足がやわらかい塗料用がおすすめです。なければ、はたきでも良いです。
他にも水を入れるスプレーボトルがあると便利です。

必要であれば
・重曹スプレー
・マイクロファイバークロス

【掃除プロに聞きました】

一般的に窓掃除によく使われるガラスクリーナーは、あまりおすすめしません。理由は、ガラス面に油膜を作りギラつかせてしまい、かえって拭きムラが残ることもあるからです。
窓につく汚れはホコリや水垢、排ガスなどで、水で落とせる汚れがほとんど。プロのお掃除現場でも、通常の軽度な窓ガラス洗浄の場合、洗剤はほとんど使わず掃除しています。
頑固な汚れの場合は、中性洗剤を1000倍ほどに薄めたり、重曹スプレーを使ったりして掃除すると汚れが落ちやすいです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ