無料の会員登録をすると
お気に入りができます

転職したいと思ったら「まずやるべきこと」

仕事で大成功を成し遂げたいとか、そんな大それた野望はないけど、なんとなくうまくやりたい。いつもの働き方を小さくアップデートする「お仕事ハック」を紹介します。

ライフスタイル

今回のお仕事ハックは「転職活動を始めるタイミングが分からない」というお悩みに、外資系OLコラムニストのぱぴこさんがアドバイス。

転職活動を始めるタイミングが分からない

転職を始めるタイミングが分からず、新卒からズルズルと数年間今の会社で働き続けています。たまに「こういう仕事をしてみたいから、転職しようかな」と思っても、その時動いているプロジェクトがあると「今私が抜けたらプロジェクトが回らなくなるのでは……」と考え、転職活動を諦めてしまいます。

こういう場合、プロジェクトやチームメンバーのことをどこまで気にするべきなのでしょうか? 気にせず転職活動しちゃっていいのでしょうか?

私のように転職回数が3回にもなると、もはや「呼吸するように転職という選択肢が上がる」ようになります。

でも、私が最初「転職……なんか怖い……」と思ったように、やはり結構高いハードルに思えるようですね。私の友人たちも、悩む人はずーっと悩んでいる印象です。

とはいえ、今回の相談に結論から答えると「周囲のことは気にせず、転職活動しなよ」です。

理由は「周囲が自分の人生の責任を取ってくれるわけではないから」なんですが、もう少し転職・転職活動について深掘ってみましょう。

転職のベストタイミングは自分が「転職したい」時

転職はしてもしなくてもいいものなので、誰かが選考手順を進めてくれたり、勝手に「転職!」というイベントが発生したりするわけではありません。自分がやると決めて行動した先にしかないものです。

相談者さんは、恐らく職務経歴書を作ってカジュアル面談をするといった「転職の触り」すら経験がないのではないでしょうか?

「転職をしてみてもいいかな、でも誰かが困るかな」と悩むより、多少どんなものかを知るために行動した方がモヤモヤも晴れると思います。

“転職”の全体像も、転職活動について知らな過ぎることで過剰に構えているような印象を受けます。

転職活動=転職ではない

これは多くの転職相談者に共通しますが、「転職活動=絶対に転職しなくてはならない縛りはない」という前提が、スッポーン! と抜けています。

転職活動したら即退社というわけではないですし、転職活動を通して他社を比較し、結果として現職を選ぶパターンもあります。

転職活動は誰でもいつでもできます。たとえそのつもりがなくうっかり内定が出ても、断ることができます。

ただし、ちゃんと活動しようとすると、職務経歴書を作成して面談して……と準備が必要なため、ある程度「活動期間」を確保して取り組む方が効率的なだけです。

活動もせず、内定も何もない状況で「どうしよう」と悩んでも答えは出ないので、まずは必要な情報を集めましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ