無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ぺこぱ松陰寺、「ノリツッコまない芸」のトレーニングに反響

常にツッコミどころがないか街中を探して歩いているそうです。

エンタメ

5日放送の『ダウンタウンDX』 (日本テレビ系)に、お笑いコンビ・ぺこぱが登場。松陰寺太勇さんが“ノリツッコまない芸”のトレーニングとして、街中を愛犬と散歩していることを明かしました。

ぺこぱ

視聴者から「芸への努力は間違ってない」と注目が集まっています。

■三角コーンやごみ箱にも…

松陰寺さんのこだわりのトレーニング法は、愛犬と公園を散歩しながら目についたものに“ノリツッコまない”練習を繰り返すこと。

そこで、道端の三角コーンやごみ箱ににも、次々と“ノリツッコまない”練習をしながら散歩するVTRが流れます。道の途中にあった橋の名称のモニュメントにも足を止め「川なんか流れてねぇじゃねえかって言うけど…」「橋の概念を越えて行こう」と、声に出して練習をこなしていました。

関連記事:ぺこぱ松陰寺、妻が激怒で壁に穴 気を遣いすぎる生活に東野幸治も同情

ぺこぱ松陰寺、妻が激怒で壁に穴 気を遣いすぎる生活に東野幸治も同情

■果たしてその成果は?

VTRを受けて、松陰寺さんは「常に意識してやっていかなければならないので、街中でもなにかツッコミどころかないかと歩いている」と打ち明けました。

そのトレーニング法に「なるほど」とスタジオ中は感心。その成果か、プライベートで行ったマッサージでは、力の加減を聞かれて自然に「悪くないだろう」と答えたり、タクシーに乗車したとき、運転手の「甲州街道まっすぐ行って四谷のところを右ですか」の確認にも「悪くないだろう」と答えてしまったのだそうです。

■「クレームの概念をなくした」

そんな松陰寺さんですが、他人に対してのクレームは言いにくいどころか「クレームは一周回って自分に返ってくる」との考えから口にしないそうで「これが本当に争いのない世界」と、クレームの概念をなくしたことを語りました。信じられないくらい態度の悪い人に遭遇したときも「アクセルを踏んで(自分の目的の)場所に行ければいい」と考えるそう。

たとえば、タバコを投げつけられた場合は、サッとよけて「よけれるっていう反射神経を俺が持っているということを確認できた、ありがとう」と完ぺきな返しをすると断言し、出演者が拍手喝采する一幕も見られました。

関連記事:ぺこぱ松陰寺によせられた警告 「辞めた方が良い」と言われた原因は…

ぺこぱ松陰寺によせられた警告 「辞めた方が良い」と言われた原因は…

■「誰も傷つけないから好きなんだけど」

松陰寺さんの努力について、ネットでは「わんちゃんと散歩しながら練習してるの微笑ましい」「自分の芸への努力は間違ってない」 「力抜きつつがんばってほしいわね 」と応援コメントが寄せられています。

独特の“ノリツッコまない芸”は、我々が考えている以上に常に練習が必要だったのですね。松陰寺さんの惜しまぬ努力に頭が下がります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ