無料の会員登録をすると
お気に入りができます

秋の「クセがすごい」アイテム4つはこう着こなすのが正解♡

長く続いた無難でシンプルな流行も落ち着き、この秋は派手な色合いだったり、大胆なフリルなど「クセがすごい!」アイテムが大量発生中。そこで、個性が強すぎて着こなしが難しいアイテムを大人流に着こなすことができるコーデをご紹介します。

2017年9月
ファッション

今秋ファッションは「クセがすごい」

オトナだっておしゃれに着こなしたい

大人コーデといえばシンプルなアイテムを組み合わせるのが基本。しかし、この秋は「クセがすごい」アイテムが流行しているようなのです。若い頃はトライできた服も、大人コーデでは躊躇したくなるのが本音…。

wear.jp

そんな心配をしている方もご安心を。この秋の「クセがすごい」アイテムでも大人流に着こなせるコツをご紹介します。4つのアイテムをピックアップしてご紹介しますよ。

1.存在感たっぷり「盛り袖ブラウス」

辛め×オーバーサイズ

wear.jp

トップスの存在感を主張する盛り袖トップス。辛めコーデが好きなら、オーバーサイズにしてラフさを意識すると今季らしく仕上がります。黒ブラウスにグレンチェックのワイドパンツは相性バツグンです。

wear.jp

オーガンジー素材の盛り袖で個性を主張してくれるトップス。ボトムスはワイドパンツでオーバーサイズのコーデに。ベレー帽やスニーカーで抜け感を作っているのもおしゃれなポイントです。

甘め×スタイリッシュ

wear.jp

盛り袖ブラウスで甘めコーデにしたいなら、フェミニンになりすぎないようにスタイリッシュさを意識しましょう。例えばカラーはモノトーンでまとめれば、スカートコーデやレースブラウスも甘すぎないコーデに。

wear.jp

タイトスカートを履くなど、女性らしい細身なラインを出してスタイリッシュに見せるのもGOOD。盛り袖のオーバー気味なカーキブラウスとのふわ×ぴたなメリハリコーデも叶います。

2.今季もトレンド続行中「ワイドパンツ」

チェックが今季トレンドの正解

wear.jp

長い間流行中のワイドパンツは、この秋もまだまだ人気な様子。今季らしさを意識するなら、チェック柄がおすすめです。オーバーカットソーと合わせたコーデでは、赤の小物でレディっぽさも主張して。

wear.jp

ブラウンのベレー帽やトップスを合わせれば、一気に秋らしくなりますね。髪を下ろして首を長く見たり、足首を見せる丈感にすることで、スタイル良く見せています。

ロング丈アウターで細見せ完成

wear.jp

今季のワイドパンツはかなりボリュームのあるタイプが多く、着太りして見えてしまう場合もあります。そこで秋のアウターでスタイルアップ。ロング丈にすればIラインを強調して細見せできますよ。

wear.jp

温かい日には薄手のカーデなどがおすすめ。全体的にブラウンやアイボリーなど柔らかい色味で統一することで、秋らしく女性らしいカジュアルコーデになっています。

3.辛めの定番「ライダースジャケット」

+季節カラーで秋感UP

wear.jp

幅広いシーズンに使えて1着持っていると重宝するライダースもこの秋流行しそうです。秋らしく着こなすために、他のアイテムのカラーで季節感を出しましょう。チェック柄のブラウンスカートを合わせれば甘辛な装いに。

wear.jp

こっくりイエローのスカートを辛めコーデに合わせて、甘辛にするのもGOOD。コーデが一気に明るくなり、ぱっと目を引く秋コーデになるでしょう。

黒以外のライダースにトライ

wear.jp

新しくライダースを買い足すつもりなら、黒以外のアイテムを選びませんか?秋らしいクリームなら、辛めアイテムでも女性らしく着こなせます。トップス×スカートも秋色で大人かわいいコーデに決まっています。

wear.jp

秋らしいブラウンもおすすめです。色が変わるだけで柔らかい雰囲気になり、同時に季節感も引き出せる優秀なアイテムとして使えます。

4.甘過ぎ注意な「大胆なフリル」

タイトなラインでドキッと演出

大胆なフリルというのも今年のトレンドポイント。フリルは甘い雰囲気になってしまうので、コーデのセクシーさを引き出すことでで甘すぎテイストをシャットアウトすると良いでしょう。

wear.jp

淡いパープルのフリルたっぷりブラウスはまさにフェミニン。しかし、黒のタイトスカートやパンプスを合わせることで、落ち着いた雰囲気をプラス。女性らしいラインでオトナ感を引き出せています。

wear.jp

フリルのピンクニットには、タイトなレザースカートを合わせると一気にセクシーに。かわいいピンクも、合わせるアイテムによってセクシーに見せられます。

肌見せも秋コーデならヘルシーに

肌見せでセクシーに見せるのもGOOD。ただし、見せすぎると品がないので、ほどよい肌見せを意識しましょう。こちらは白のフリルトップスに、マスタードカラーのスカートを合わせた上品コーデ。

wear.jp

膝丈で足を見せることでちょっぴりドキッとさせますが、品の良さはきちんと残しています。

wear.jp

パープルのフリルレースブラウスは、着るだけでかわいさUP。黒のフレアスカートでオトナ感を演出。デコルテや脚の肌見せでちょっぴりドキッとさせているのが大人らしいコーデなんです。

「クセがすごい」おしゃれさんになろう♡

wear.jp

「クセがすごい」アイテムも着こなし次第で大人らしいスタイルになりましたね。個性が強いからといって躊躇せず、「クセがすごい」アイテムも着こなす秋コーデを楽しみませんか?

記事に関するお問い合わせ