無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「東京エディション虎ノ門」マリオット高級ブティックホテル日本初上陸!

旅行・おでかけ

マリオット・インターナショナルのラグジュアリーホテルブランド「エディション」が日本上陸。東京1号店となる「東京エディション虎ノ門」が、2020年10月20日(火)にオープン。なお2021年には「東京エディション銀座」も展開予定です。

マリオット最高級ブランドホテル「エディション」

「エディション」は、マリオット・インターナショナルが運営するグループ最高級グレードのホテルブランド。最先端のラグジュアリーライフスタイル型ホテルとして世界が注目している施設です。

特徴的なのは、ホテルが立地する“その土地”の文化や美学が、施設内のデザインやサービス、アメニティなどに反映されていること。“特注のカスタムメイドホテル”とも称されるエディションならではのアイデアで、「東京エディション虎ノ門」も、施設の外に出なくとも“東京のエッセンスと精神”を体験できる特別な空間に仕上がっています。

「東京エディション虎ノ門」は隈研吾デザイン

「東京エディション虎ノ門」を手掛けるのは、日本を代表する建築家・隈研吾。仏寺からインスピレーションを得た共有スペースや、寺院の建造物から着想したロビーなど、和のエッセンスを感じさせる空間が用意されています。

ホテル内は、日本の翡翠=ジェイドやサファイア、ゴールドなど、希少な宝石を想起させるカラーリングで、高級感あふれる仕上がりとなっています。

「東京エディション虎ノ門」には、22室のスイートルームを含む206室の客室を設けています。屋外テラス付きのスペシャリティーレストラン、オールデイダイニング、ロビーラウンジの計3つのダイニングエリアも揃っています。

さらに、2つのラウンジバー、6室のトリートメントルームを備えたカスタムデザインスパ、最先端のマシンを搭載したジム、4つのミーティングスタジオとプレファンクションエリアからなるイベントスペースも完備されています。

最寄りの神谷町、六本木一丁目、そして虎ノ門の地下鉄駅から徒歩でアクセスできる、理想的なロケーションも魅力。東京を象徴する「東京タワー」も遮るものなく見ることができ、赤坂離宮や明治神宮など文化的スポットへも簡単に移動可能です。

「東京エディション銀座」も2021年オープンへ

また、2021年には、銀座初となる最高級ラグジュアリーライフスタイル型ホテルとして、ハイブランドショップが多く集まる“銀座二丁目交差点”の程近くに「東京エディション銀座」が開業予定。銀座一丁目、銀座、東京の各駅や、複合商業施設、レストラン、皇居などの観光スポットへのアクセスも抜群です。

ホテル外観は、流行の先端と日本の伝統文化が織り成す銀座という街や、そこに様々な都市の機能が重なり合う様子から「織り」をイメージしたデザインが特徴的です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ