無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1年使って確信![IKEA]「1,000円台家具」は万能の神でした!「1台3役」家でも外でも大活躍

インテリア

こんにちは、子育て奮闘中ヨムーノライターのICDです。

テレワークが普及して注目を集めているIKEAのベッドトレイ『DJURA(ジューラ)』。

そもそもベッドトレイとは、ベッドの上に置いて使うコンパクトなテーブルのこと。ゆったりと足を伸ばしながらパソコンができるので、自宅で仕事をする方から人気を集めています。
ですが我が家では、ベッドトレイ本来の使い方をしたことはなく、もっぱら子ども用のミニテーブルとして使用中。

今回はIKEAのベッドトレイ『DJURA(ジューラ)』の魅力と、我が家での便利な使い方を紹介したいと思います!

IKEAのベッドトレイ『DJURA(ジューラ)』とは?

こちらが我が家で1年以上使用しているIKEAのベッドトレイ『DJURA(ジューラ)』。

ナチュラルな木目調のフレームに、ホワイトに塗装されたトレイ面が付いています。
トレイというだけあって、テーブルの縁が立ち上がったデザインが特徴。飲み物をこぼしてしまっても、床を汚さないため安心です。

サイズは幅: 58cm、奥行き: 38cm、高さ: 25cmと、かなりコンパクト。低めに作られているので、子どもが座って使うのにぴったりです。

また、脚部分は簡単に折りたたむことができます。力がいらないので女性一人でも楽々。

このように本体トレイ裏に脚がすっぽり収まるので、すっきりフラットな状態になりますよ。
ちょっとした隙間に収納できるので、収納場所をとらないのも良いところです。

いろいろな使い方ができる『DJURA(ジューラ)』は、ひとつ持っていると重宝すること間違いなし!

『DJURA(ジューラ)』便利な使い方3つ

子どものお絵かきテーブルに

子どもが座ってお絵かきするときに、一般的なリビングテーブルでは高さが合わないと感じることもあるかと思います。

そんなときに『DJURA(ジューラ)』があれば、ちょうど良い高さでストレスなくお絵かきができるんです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ