無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スタイリスト直伝♡王道コーデの"こなれ感"に効く方程式

ファッション

定番コーデにこなれ感を演出したい!

パーソナルスタイリストとして活動する中でよくいただく質問があります。それは...「おしゃれな人と同じコーデなのになぜか自分はおしゃれに仕上がらない...」というもの。一体、何が違うのでしょうか?

Photo by Alexandra Gorn / Unsplash

おしゃれな人はこなれ感の演出が上手

同じコーデでも何だかとてもおしゃれな人...その秘訣は"こなれ感"の演出にあり。センスのいい人はこのバランス感覚が秀逸で、ごく自然に"こなれ感"を加味しているんです!

wear.jp

自分はセンスがないから...いえいえ、実は、こなれ感は簡単に手に入るんです。"こなれ感の演出"には一定の法則あり! おしゃれ見えの方程式を使えばいつものコーデを今すぐアップデートできるんです。

LESSON1.シャツ×デニム

オーバーサイズと腕まくりが基本

こなれ感を手に入れたいならシャツはオーバーサイズが基本。ジャストサイズのシャツはこなれ感が演出しにくいんです。そして少し肩を落として、くしゅっとラフに腕まくりをするとgood。裾前はウエストINしてみて。

ニュアンスシャツでモードに昇華

ニュアンス感のあるシャツをセレクトしておくのもオススメの方法です。デザインが効いたシャツはサラッと着るだけで簡単におしゃれ見えを叶えてくれる頼れる存在に。腕まくりをしてさらにこなれ感を格上げしましょう。

ウエストマークでリズム感を演出

wear.jp

オーバーサイズのシャツはウエストにポイントを置くとこなれ感が演出しやすくなります。セットになったものはもちろん、サッシュベルトやビスチェなどを重ねてもオシャレです。袖まくりでアクセサリーが覗くのもおしゃれ。

LESSON2.ニット×デニム

コンパクトニットはウエストイン

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

記事に関するお問い合わせ