無料の会員登録をすると
お気に入りができます

Go To イートとは?賢く活用なら「回転寿司」!プレミアム商品券ならファミレス

ライフスタイル

こんにちは、貯金0円から700万円貯めたヨムーノメイトのヤギコです。
私は、ふだんは節約のために外食費を減らすよう心がけています。

しかし、どうも今話題の「Go To Eat(イート)キャンペーン」は、外食なのにだいぶお得だそうで、これは聞き捨てなりません。
その反面、「お得だけどもグルメ予約サイトを経由するの?なんだかやり方がよくわからない」という声も聞きます。

今回は、Go To Eat(イート)未経験の私がチャレンジしてみました。ぶつかった壁や、その回避法などもご紹介します。

Go To Eat(イート)は「食事券の購入」と「オンライン予約」がある

私が調べてみたところ、Go To Eat(イート)の利用には、「プレミアム付食事券」と「オンラインの飲食予約サイトからの予約」のどちらかが必要なことがわかりました。

プレミアム付食事券

プレミアム付食事券の利用法はわかりやすく、都道府県単位で使うルールが決まっていて、事前にプレミアム付食事券を購入し、対象店で使用するだけです。

わたしの住んでいる自治体では、金額も「1セットあたり12,500円」の券を1万円で購入できるため、2,500円お得になり単純明快です。

オンライン予約でポイント還元

「トリキの錬金術」で話題になったのがポイント還元の方です。
飲食予約サイトを使う場合は、Yahoo!ロコ、一休.comレストラン、ホットペッパーグルメ、ぐるなび、食べログ、OZmall、EPARKなどから、対象のお店を予約する必要があります。

そうすると1人あたり、ランチ時は500円分、夜は1,000円分のポイントがたまります。
ランチは500円以上、夜は1,000円以上の利用で対象です。例えば1,200円食べるとポイントバックは1,000円なので、実質200円で外食ができたことになります。
※お店によって付与条件は異なりますので、予約前に注意事項の確認が必要です。

ポイントバックは大人も子供も1,000円と同額です。
例えば、大人2人子ども2人で夜に7,000円食べた場合。戻る金額は1,000円×4人の4千円で、実質3,000円で外食できたことになります。これはお得と言われるわけですね。

そこで、飲食予約サイトを使用したGo To Eat(イート)に挑戦しました。

Go To Eat(イート)「ポイント還元」

調べてみてわかったのですが、全てのお店がGo To Eat(イート)の対象ではありません。

行きたいお店が決まっている場合:お店の公式サイトから調べる

行きたいお店がある場合は、「お店の公式HPからGo To Eatが行われているかを確認する」のが、いちばん時短でスムーズでした。

例えば、わたしが調べていた焼肉屋の場合は、Yahoo!ロコでは対象でも、一休.comレストランでは対象外、とサイトにより異なるためです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ