無料の会員登録をすると
お気に入りができます

曲線デザインがおすすめ「ちょっといいダイニングテーブル」インテリアスタイリストの3選

おうち時間が増えたことで、LDKの中心とも言えるダイニングテーブルは、15〜30万円の“ちょっといいクラス”が人気だそう。インテリア的にも価格的にも存在感が大きなダイニングテーブルの選び方をインテリアスタイリストの窪川勝哉さんに教えてもらいました。

インテリア

ダイニングテーブルは、一度買うとなかなか買い替えない家具ですが、在宅時間が増えたコロナ禍の今、家族が集まる食卓を改めて見直すという家庭も増えているようです。インテリアスタイリストの窪川勝哉さんいわく、おさえるべきポイントは2点。

・15万円〜30万円クラスのものを選ぶ~当たり前ですが、素材や加工も量販店で売られている安価な合板ものよりはグレードがはるかに上がります。ダイニングテーブルは家具のなかでも消耗しにくいですが、このクラスなら確実に一生ものとして長く使えるクオリティです。もしライフスタイルの変化で買い替えが必要になっても、ブランドやデザイナーの知名度が確立しているモデルなら、ネットオークションなどで高値でのリセールも期待でき、結局はリーズナブルだったりもするんです。
・曲線のデザインを選ぶ~家具は気をつけていないと直線のものばかりになってしまって、いつのまにか部屋中がカクカクした堅い雰囲気になってしまいがち。見た目の印象だけでなく、曲線のテーブルはコミュニケーションもとりやすいんです。というのも、四角いテーブルは対面の人とは話しやすいけど、真横の人とは顔が向き合わないから話しにくいんですよね。曲線のテーブルは自然と体の角度が傾くし、イスのセッティングも自由になるから、横の人の顔も見えやすいくなります。

これら二つのポイントを網羅した窪川さんおすすめダイニングテーブルを紹介します。

★★★ カール・ハンセン&サン ★★★
CH337
「住宅のトーンを選ばない秀逸デザイン。
中央の天板で雰囲気を変えられる楽しさは
長く飽きずに使えます」

サイズ:W140×H72×D115㎝ ¥419,100  素材:オーク 別売り伸長板サイズ:W60×D115㎝ ¥63,800( 共に税込)

・公式サイトでチェック ・ 楽天でチェック

公式サイト
楽天

「デンマークのミッドセンチュリーを代表する巨匠デザイナー、ハンスJ.ウェグナーがデザインした傑作で、楕円を生かしたフォルムが美しく北欧らしさがよく出ています。天板の中央部は別売りオプションのエクステンションで伸ばせるので、大人数が集まったときにも対応できます。このエクステンションは単なるオーク材のナチュラル系だけではなく、モルタル系の変わった色もあるんですが、温かみのある柔らかなトーンなので、最近流行のリノベ住宅によくあるモルタル壁にもマッチすると思います」

★★★ フリッツ・ハンセン ★★★
アナログテーブル
「丸でも四角でもない有機的なフォルムと
内向き設計の脚で
家族が自然と顔を合わせられる空間に」

3サイズ展開で最も小さいのが写真右上のJH43サイズ(W105×H72×D130㎝)¥250,800。その他JH63サイズ(W160×H72×D130㎝)¥250,800、JH83サイズ(W245×H72×D130㎝)¥306,900もあり(全て税込) 素材:ウォルナット

・公式サイトでチェック

公式サイト

「19世紀から続くデンマークの老舗ブランド。これは真四角でも円型でもない絶妙なフォルムですよね。バランスが非常によく計算されているので、当たり前の四角いダイニングテーブルを置くよりも空間にアクセントをつけられます。サイズ展開が豊富でダイニングの広さに応じて選べるのもポイントです。あと脚が内向きに配置されているんですが、これによってイスが自然と中央を向くようになっているんですよ。全員が真ん中を向くのでコミュニケーションが取りやすくなる。まさにコロナ時代にうってつけのテーブルだと思います」

★★★ E&Y ★★★
ペガサスラウンドテーブル
「狭いダイニングにも圧迫感なく置ける。
ガラストップの天板が空間の広がりを演出」

素材:〈脚〉ウッド(ピーチ)、〈天板〉クリアガラス Φ1000×H72.5㎝ ¥143,000(税込)

・公式サイトでチェック ・楽天でチェック

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ