無料の会員登録をすると
お気に入りができます

悩める奥二重さん全員やって!ナチュラルなのに目が大きく見える「奥二重デカ目メイク」

奥二重エステティシャンの駒です。『デカ目に見えるアイメイク』は奥二重さんにとって、かなりの難題。というのも、雑誌で紹介されているデカ目メイクは、パッチリ二重まぶたの人に向けたものが多いのです。今回は、奥二重歴=年齢の筆者渾身の『奥二重デカ目メイク』を紹介します。

メイク

奥二重向けデカ目メイクを実際にしてみました

左はノーメイク、右は今回紹介する奥二重メイクで仕上げています。「奥二重だとデカ目メイクが映えないから、ほとんどメイクをしない」という意見も見かけますが、ポイントを押さえることで、このようにナチュラルなデカ目に見せることができるんです。

ここから詳しく、奥二重デカ目メイクの方法を解説していきます。

アイシャドウ選びにこだわる

まぶたの肉が重くかぶさっている奥二重は、質感で軽さを出すのが正解。マットに仕上がるタイプよりも、角度によって艶感が変わるパールや細かいラメが入っているアイシャドウを選ぶのがオススメです。

B IDOL THE アイパレ01本命のブラウン/1,800円(税抜)

今回選んだ4色パレットは、濃色ブラウンだけがマット。他の色を重ねることで輝きが調節できます。

グラデーションが映えにくい奥二重さんは、肌なじみの良いオレンジブラウンやピンクベージュを選んでみてください。

思い切って目頭にポイントを!

奥二重のアイメイクというと目尻に向かって色を濃くしていくことが多いですが、今回は目頭にポイントを置く手法でメイクをしてみました。

ハイライトカラーでアイホール全体を明るく整えた後、普段は締め色として活躍する濃いブラウンをブラシに取って目頭からまぶた全体になじませます。

まぶたのくぼみが強調され、彫りの深い目元になれますよ。

塗り始めるとブラウンがムラになるので、思わず「失敗した?!」と叫んでしまいそうになりますがご心配なく!目頭から目尻に向かってぼかすうちになじんでいきます。

縦割りグラデーションになるように仕上げていきますが、濃淡は控えめにするのがコツ。よく見たら目頭の方が濃いかな、と思う程度にしましょう。

鏡で顔全体とのバランスを見ながら濃さを調節していきます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ