無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いつもと違ったやり方で!2020年の「大掃除」のポイント

コロナ禍の2020年、今年はいつもと違った大掃除をすることで、来年以降は掃除しやすい環境づくりをしてみませんか。2020年の大掃除にやりたいチェックリストのポイントをご紹介します。

ライフスタイル

コロナ禍の今年はいつもと違った大掃除

新型コロナウイルスの感染拡大のため、今年ほど多くの人が衛生面に関して考える機会があった年はなかったのではないでしょうか。

外出先ではもちろんのこと、家の中にも気を配る人が多く、例年になく空気清浄機が売れたり、掃除用具売り場では除菌と名の付く商品が棚を占めているような状況です。そんなコロナ禍だからこそ、2020年、今年の大掃除はいつもとは少し違った視点でおこなってみてはいかがでしょうか。

今年は汚れたところを掃除する大掃除ではなく、掃除しやすい環境を作る大掃除

モノが置かれていなければ拭き掃除も簡単にできる

例年、大掃除を始める前にチェックリストを作ると、日ごろの掃除では手がつけられていない汚れの溜まっている場所がリストに並びます。今年もこのチェックリストを作ってから大掃除に取り掛かってほしいのは変わりません。しかし今年は「家の中を衛生的に保ちたい」と考えると、大掃除を始める前に、家の中を「簡単に掃除できる環境」に作り替える作業をしたいところです。

大掃除を始める前にチェックリストを作ると

掃除しやすい環境というのは「モノが置かれていないこと」。床はもちろん、棚の上も置物などがないほうがサッと拭きやすくなります。また食器棚や本棚なども、ぎゅぎゅうに詰まっているよりも、空間にゆとりがあったほうが拭き掃除をしやすくなります。

今年の大掃除はまず、「モノを減らせる場所リスト」を作るところから

何年も使っていないモノを処分するリストから作り始める

『節約にも、家事がラクにもなる!ライトな「ミニマリスト」の始め方』でもご紹介しましたが、モノが少なければ掃除もラクになります。

節約にも、家事がラクにもなる!ライトな「ミニマリスト」の始め方

まずは部屋ごと、コーナーごとにモノを減らせそうな場所をリストアップします。洗面台の下に使っていない洗剤類が詰まっているとか、クローゼットに何年も着ていない服や使っていない鞄があるとか、人によって様々な場所があるはずです。

ゴミ収集日のスケジュールをチェックリストに枠を設けて書き込む

衣類や本などの紙類、キッチンにある使っていない調味料の瓶など、いわゆる燃えるゴミ以外のゴミは、地域によって月に数回しか収集日がないところも多くあります。12月後半になっていざ大掃除の前に要らないものを捨てようと思っても、既にゴミの収集日は年内はないという可能性もあります。

ゴミの収集日は11月のうちにチェックしておく

そのため、ゴミ収集日のスケジュールは11月中に確認し、大掃除のチェックリストと一緒に見られるようにしておきましょう。ゴミ収集日のスケジュールにあわせて、チェックリストにあげた部屋、コーナーを攻略していくと、ゴミとともに年越しをするということは避けられます。

チェックリストにあげた場所を1カ所ずつ完成させていくのではなく、1巡目は不要なモノを取り除き、モノが少なくなったところで2巡目として例年のような汚れを落とす掃除をするというように、2回に分けるのもおすすめです。

大掃除のチェックリストは指示書・報告書だと考える

家族と暮らしている場合は大掃除のチェックリストに担当する人を書き込むのもおすすめです。名前を書かれた人は「やらなくては」という気持ちになりますし、終わったら消していくようにすれば他の家族への報告にもなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ