無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[何とかしたい!]生理前の不調を緩和する食生活のポイント

ライフスタイル

月経前はなぜかイライラしたり、眠くなったりと、毎月何らかの不調を感じることはありませんか?もしかしたら、それは月経前症候群かもしれません。今回、管理栄養士がこの月経前症候群を詳しく説明するとともに、その対策やおすすめレシピを紹介したいと思います。

月経前症候群について

原因は?

原因は未だにはっきりと分かっていませんが、現在は女性ホルモンの変動が関わっていると考えられています。

排卵のリズムが整っている女性の場合、排卵から月経までの間にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されます。後半になるとこれらのホルモンが急激に減少し、脳内ホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こすことで、月経前症候群が起こると考えられています。

もちろん、脳内ホルモンや神経伝達物質はストレスからも影響を受けるため、女性ホルモンだけが原因とは言い切れません。

どのような症状?

眠気、イライラ、不安などの精神的な症状や、食欲不振・過食、めまい、のぼせなどの自律神経症状の他、身体的には頭痛、腹痛、むくみなどがあります。

以上から分かるように、心や身体へ様々な種類の不調が生じますが、月経が始まると、これらの症状が鎮まっていくのが特徴です。

【もう悩まない!】生理前に体重が増える原因と対処法3つ

月経前症候群と上手に付き合うポイント5つ

ポイント1:アルコールやカフェインをなるべく控えよう

アルコールは主に肝臓で代謝されますが、女性ホルモンのエストロゲンは肝臓のアルコール代謝を抑制すると言われています。つまり、女性ホルモンの分泌が多い月経前にアルコールをとることで、二日酔いや悪酔いになりやすくなり、さらにむくみやすくなります。

また、カフェインは一時的に脳を興奮させる働きがある一方、イライラやむくみが生じやすくなります。

ポイント2:バランスのよい食事を心がけよう

主食、主菜、副菜の定食スタイルの食事をすることで、栄養バランスが整いやすくなります。バランスのよい食事は、健康な身体を作り、身体の調子を整えてくれます。特に月経前症候群の対策としては、カルシウムやマグネシウムを積極的に摂取することが大切になってきます。

カルシウムやマグネシウムは神経の伝達に必要な栄養素のうちの1つです。これらの摂取は月経前症候群の症状を軽減することにおそらく有効であるという研究結果もあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ