無料の会員登録をすると
お気に入りができます

シングルシャドウってこんなに使える! マルチに役立つコスパ優秀アイテム4選

メイク

「MAQUIA」1月号では、ひとつあればマルチに使えるコスパ優秀なコスメを特集。まずは、いろいろ使えて旬カラーも豊富なシングルシャドウを手に入れて!

仕上がりもコスパも大満足
「真に使えるコスメ」でできる顔

ひとつあればマルチに使えるコスパ優秀なコスメは、いつだって私たちの救世主。旬の顔にたちまちアップデートできるアイテムとテクを一挙紹介します。

アイにも、チークにも、リップにも。
まずはシングルシャドウを手に入れる
トレンドのメインストリーム、単色カラー。使うのが目元だけなんて、もったいない。ブラウンなら眉にも、ピンクならチークやリップにのせたってOK! 色の選び方ときらめきやツヤなど質感の見極めが重要に。

目、眉、フェイスラインに
パールな影色
つけ方によって抜群の汎用性を発揮するブラウン。シャドウとしてはもちろん、いつもの眉メイクの上に重ねてカラー眉風にも。極太ブラシを使えばシェイディングにも活用可能。
[Check]
□質感はマットかパール
□指塗りならしっかり発色
□ブラシづけならふんわり

目元、チークに
ピンクのクリームカラー
クリームタイプの甘ピンクカラーは、目元だけでなくチークにも指づけ。顔全体に一体感が生まれて、メイクバランスも上々。ほんのりパール入りなら肌なじみも良く、豊かなハリ肌に。
[Check]
□ペールピンクが使いやすい
□偏光パール、ラメは避けて
□チークならブラシでつけても

目元、チーク、リップに
トレンド感あるアクセントカラー
トレンドの赤茶オレンジ。目元はもちろん、大きな筆でチークになじませたり、唇にはリップクリーム→ティッシュオフ後、チップでトントンのせれば旬のソフトマット質感に。
[Check]
□どんな質感でもOK
□旬の暖色系カラーを
□指orブラシで質感チェンジ

ハイライトや涙袋に
きらめく明るめベージュ
メイクの精度を高めるためのツヤ作りなら、きらめき系ベージュの出番。目の下の涙袋や、頬の高い位置、鼻根や鼻先などにピンポイントでオン。指でもブラシでも簡単にツヤ盛り完了。
[Check]
□パール入りが安全
□白より明るめベージュ
□なめらかな質感のものを

MAQUIA 1月号
撮影/押尾健太郎(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/立石和代 モデル/井桁弘恵 取材・文/通山奈津子 構成/山下弓子(MAQUIA)
※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ