無料の会員登録をすると
お気に入りができます

抜け感たっぷり♡「ゆるニット×ワイドパンツ」で褒められコーデ9選

今季も人気のゆるニットは、ワイドパンツに合わせてルーズに着こなすのがマスト。バランスを取るのがちょっと難しい組み合わせですが、うまく着こなせたらオシャレさは格別ですよ♡

2017年11月
ファッション

秋冬コーデは抜け感を出して♡

ゆるニット×ワイドパンツが抜け感たっぷり!

この秋冬もマストなゆるニットには、細身のボトムスを合わせがち。抜け感たっぷりオシャレに着こなすなら、ワイドパンツに合わせたスタイリングがお勧めです。

wear.jp

でも、ゆったりアイテム同士のコーディネートは野暮ったくなりがち。そこで今回は、素敵な「ゆるニット×ワイドパンツ」の着こなしをピックアップ!ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ゆるニット×ワイドパンツコーデ9選

①ヒールでキレイめにまとめて

Media?size=l
instagram.com

ラフになりがちなゆるニット×ワイドパンツコーデを、小物使いとカラー合わせで上手く大人なキレイめコーデにシフトした着こなしが素敵です。これならオフィスなどのONモードにもOK!

ホールガーメントコクーンVネックプルオーバー

IENA

¥ 12,960

前後がVネックデザインになっていて、女性らしい抜け感が抜群なプルオーバーです。ゆるっとしたコクーンシルエットもオシャレ度満点。

商品詳細
ホールガーメントコクーンVネックプルオーバー
baycrews.jp
商品詳細

②カラーニットでメリハリを

wear.jp

ゆるっとルーズな組み合わせは、カラーでメリハリをつけると垢抜けます。パープルのニットに濃いグレーでシックにまとめた着こなしがスタイリッシュ。足元のメタリックカラーも、エッジを効かせてくれています。

③ノルディックセーターで大人カジュアルに

wear.jp

ゆる×ゆるコーデも、柄物を持ってくると締まった印象に。秋冬らしい暖かみのあるノルディックセーターが、こなれ感を高めてくれます。ワントーンでまとめることで、すっきりとした着こなしに。

④ウエストリボンで女性らしく

wear.jp

ゆるずるっと着膨れがちな組み合わせも、ウエストにポイントを置くとメリハリがつけられます。ウエストリボンなら、カジュアルな中に可愛さをプラスしてグッと垢抜けさせてくれますね。

⑤カラーワイドパンツでサマ見え

Media?size=l
instagram.com

ボトムスにカラーを持ってくると簡単にコーディネートが決まります。ゆったりルーズな着こなしも、メリハリがつきグッと垢抜けますね。ピンクカラーのワイドパンツなら、女性らしさも底上げ出来ます。

ビッグシルエット Vネックゆるニット

MODE ROBE

¥ 5,940

たぷんとした袖デザインがこなれ感を演出するニットトップス。ほどよく開いたVネックが、ゆったりとしたシルエットを引き締めてくれます。

商品詳細
ビッグシルエット Vネックゆるニット
mode-robe.com
商品詳細

⑥オールホワイトで洗練スタイル

wear.jp

ゆるニット×ワイドパンツは、ホワイトのワントーンでまとめると洗練された雰囲気に。スニーカーやキャップのカジュアルな小物を合わせて、こなれ感を演出するとさらにオシャレです。

⑦柄ワイドパンツで引き締め

wear.jp

今季トレンドのチェック柄ワイドパンツは、ゆるニットと好相性。着膨れせず、しっかりメリハリをつけてコーディネートをまとめてくれます。

⑧足首を出してスッキリ見せ

zozo.jp

ゆるゆるルーズな着こなしは、華奢な部分を覗かせるとスッキリ見えが叶います。半端丈のワイドパンツにヒールを合わせれば、途端にコーディネートが女性らしく締まりますよね。

KERRY×URBAN RESEARCHオーバーサイズアランニット

URBAN RESEARCH

¥ 16,200

メンズライクな雰囲気がオシャレな、オーバーサイズのアランニットです。表情のあるデザインだから、これ一着でコーディネートを決めてくれます。

商品詳細
KERRY×URBAN RESEARCHオーバーサイズアランニット
zozo.jp
商品詳細

⑨タック入りワイドパンツでフェミニンに

wear.jp

ダークトーンのゆるずるな着こなしは重くなりがちですが、タック入りのスカート見えするワイドパンツならキレイめに着こなせます。ゆるニットもドルマンスリーブを選んで、女性らしさ満点のスタイリングに。

ゆるニット×ワイドパンツで旬コーデ♡

バランスが難しいゆるニット×ワイドパンツのコーディネートですが、どれもオシャレで参考にしたい着こなしばかり。ぜひこの秋冬は、ゆるニットとワイドパンツで抜け感コーデを楽しんでくださいね!

wear.jp
記事に関するお問い合わせ