無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マネしたいアイデア満載♡「おしゃれで使いやすいキッチン」実例20

生活感の出やすい場所であるキッチン。オシャレさも使いやすさも兼ね備えたキッチンを叶えたいですよね。さっそく、20の実例から理想のキッチン作りを学んでいきましょう。

2017年11月
インテリア

理想のキッチンを叶えたい

Media?size=l
instagram.com

家事においてキッチンで過ごす時間は長く、作業も多いもの。ストレスフリーに家事を楽しむなら使い勝手の良いキッチンがマストなんです。

おしゃれも使いやすさも譲れない

Media?size=l
instagram.com

キッチンはリビングから見えやすい位置にあることが多い場所でもあるので、オシャレさも譲れないポイント。理想は使いやすくおしゃれなキッチンなんです。

おしゃれで使いやすいキッチン実例20

1.調理家電を出したままオシャレ

Media?size=l
instagram.com

ホワイト&ナチュラルにブラック&シルバーをアクセントにした統一感のある配色がおしゃれですよね。よく使うキッチン家電は出したままでもカラーに統一性を持たせればおしゃれに見せることが出来ます。

2.調理器具・食材をオブジェのように

Media?size=l
instagram.com

こちらはナチュラル&ブラックの配色がオシャレなキッチンです。キッチン家電、鍋や急須などの調理器具をはじめ、乾物などの食材もオブジェのようにバランス良く並べてセンスよくまとめていますよね。

3.調理ツールも統一感があれば素敵

Media?size=l
instagram.com

コチラも見せる収納でおしゃれに仕上げたキッチン。おたまや菜箸といった調理に欠かせないツールは、ステンレス製・木製など、種類を統一して収納すれば雑多に見えません。

4.雰囲気を合わせて統一感を

Media?size=l
instagram.com

キッチンツールや調理器具のカラーを今から揃えるのは難しい。そんな方はこんなキッチンを目指してみて。いろんなカラーをMIXしながらも、どこか日本らしさを感じさせるような雰囲気で統一感をもたせています。

5.キッチン〜ダイニングに統一感

Media?size=l
instagram.com

キッチンの前にダイニングを配置している方なら真似したいのがコチラ。キッチンとダイニングのカラーをまとめることで空間に統一感が生まれています。テーブルクロスをプラスオンすることでカラーバランスも向上。

6.調味料などの容器をチェンジ

Media?size=l
instagram.com

キッチンの使いやすさをキープしたままオシャレに見せたいなら調味料などの容器をチェンジすることからはじめてみて。ラベルを統一するとオシャレ度もUP。もともとおしゃれなデザインの調味料を揃えるのもおすすめです。

7.洗剤・ハンドソープの容器も変更

Media?size=l
instagram.com

調味料の次は、食器用洗剤とハンドソープの容器もチェンジ。ポンプ式の容器に詰め替えてラベルで仕分けすると使いやすさがUPします。

8.フォーカルポイントをつくる

Media?size=l
instagram.com

フォーカルポイントとは、インテリア用語では「視線が最初に集中する場所」の意味。うまく作ればキッチンを一気にオシャレな印象にすることができます。よく使う食器や調理器具を使ったフォーカルポイントならオシャレ度も使いやすさもUPしますよね。

9.シンクの中を空っぽに

Media?size=l
instagram.com

三角コーナーや洗い桶があると生活感が出やすいもの。それなら思い切って処分するのもアリ。シンク内が広くなり洗い物もしやすくなります。使い捨てのゴミ入れや小さく収納できるシリコン桶を活用しても◎!

10.水切りかごを置かない

Media?size=l
instagram.com

水切りかごは場所も取るうえ、生活感が出やすい困りもの。大きな水切りかごを撤去して、ロールタイプのものや吸水マットを活用しましょう。カゴがないだけで作業スペースが増え、見た目にもスッキリします。

11.吊るす収納を活用

Media?size=l
instagram.com

鍋敷きや鍋つかみといった使用頻度が高いキッチンツールは、吊るす収納にすることで使いやすさもオシャレ度もUP。吊るす収納はその下のスペースも有効活用できるので積極的に取り入れてみて。

12.用途をまとめて見せる収納を

Media?size=l
instagram.com

用途ごとにまとめたコーナー作りをするのもおすすめです。コーヒーをテーマにまとめれば優雅なライフスタイルまで連想させてくれますね。おしゃれポイントになってくれる上、使いやすさも抜群。

13.カラーボックスを活用

Media?size=l
instagram.com

キッチンにおしゃれなポイントを作りたいけれど予算はあまりかけたくない。そんな時はカラーボックスを活用するのも手。同じサイズのものをいくつか並べれば上部も活用できます。

14.「隠す」と「見せる」のバランス感

Media?size=l
instagram.com

使いやすくおしゃれなキッチンは「見せる収納」と「隠す収納」のバランス感が決め手です。よく使うデイリーウェアは一番上の段の引き出しに隠す収納。フォーカルポイントになる食器はカウンター上で見せる収納を。

15.タイミングを意識した関連付け収納

Media?size=l
instagram.com

デイリーに使いたいテーブルウェアの収納は、使う時のタイミングなどを意識した関連付け収納で使いやすさをUP。グラスと一緒に毎日飲むサプリなどを合わせて収納しておけば作業もスムーズです。

16.収納は80%までを目安に

Media?size=l
instagram.com

収納空間にはついつい詰め込みたくなりますよね。でもオシャレで使いやすいキッチンに大切なのは、常に余白を意識した収納をすること。収納を80%までにとどめておくことで出し入れが楽になります。

17.調理器具は立てて収納

Media?size=l
instagram.com

色んなサイズを揃えたいけれど、ボウルやザルなどの調理器具は、かさばるので困りものですよね。引き出し式の方は立てて収納してみて。ひとつひとつ取り出しやすくなり、作業効率がUPします。

18.消耗品も立てる収納でスッキリ

Media?size=l
instagram.com

掃除用のスプレーやキッチンペーパー、各種ゴミ袋といった消耗品も立てる収納を活用することで使いやすさが向上します。スッキリと「隠す収納」をして生活感を隠し、おしゃれなキッチンへ導きましょう。

19.上は取っ手付き収納

Media?size=l
instagram.com

高い位置への収納は取っ手付きのケースを活用することで使いやすさがUPします。ケースのカラーを統一すれば来客時にちらっと見えてもおしゃれな印象が保てます。

20.トレイ・カゴを活用

Media?size=l
instagram.com

収納場所が足りないならトレイやカゴを活用すればOK。色味や雰囲気を合わせた収納アイテムを使えば、キッチンに統一感が出ます。「隠す収納はカゴ」「見せる収納はトレイ」と使い分けられるのも魅力です。

理想のキッチンを実現しよう♡

Media?size=l
instagram.com

理想のキッチンがあれば毎日の生活がもっと楽しくなりますよね。オシャレで使いやすいキッチン実例を参考に、ぜひ理想のキッチンを実現して下さいね。

記事に関するお問い合わせ