無料の会員登録をすると
お気に入りができます

肉やサラダがおいしくなる!料理に使えるグルメジャム5選

グルメ

肉やサラダをもっとおいしく♪

この記事は、三越伊勢丹が運営する、らしさに出会える、食メディア「FOODIE」の提供でお送りします。

FOODIE(フーディー) | らしさに出会える、食メディア | 三越伊勢丹 http://mi-journey.jp/foodie/

旬のフルーツを甘く煮詰めたジャム。パンやヨーグルトと一緒に食べるのが定番ですが、伊勢丹新宿店のスタイリストが教えてくれたのは、「ジャムを調味料のように料理に使う」という意外な食べ方です。

「ジャムはフルーツのうまみが凝縮されている、甘酸っぱい調味料のようなもの。フルーツの香りを活かしてステーキのソースやサラダのドレッシングに加えたり、甘みを活かして砂糖やみりんの代わりに照り焼きや煮込みに使ったり、幅広く楽しめるんです」

そう話すのは、伊勢丹新宿店で輸入ジャムや紅茶、缶詰、調味料などグルメなアイテムが揃うコーナー、プラド エピスリーを担当している北條理紗さん。

フードコーディネーターの資格をもつ北條さんが、実際にあれこれ試して「肉料理やサラダなどにも使うと美味しい!」と納得したグルメなジャム5種を教えてもらいました。手土産にも喜ばれそうなかわいいパッケージにも注目です。

1)サラダやスペアリブに! 老舗ブランドの人気ジャム

▶<エディアール>スライスオレンジ

<エディアール>スライスオレンジ 1瓶(375g) 2,376円(税込)

創業160余年、パリの食通を魅了してきた高級食料品店<エディアール>。数あるジャムの中でもリピート買いする根強いファンが多いのが、このアイテム。数日かけてじっくりシロップに漬け込んだ輪切りのオレンジがそのまま入っています。

「レモンを使う気軽さで、サラダのドレッシングに加えれば、さわやかなオレンジの香りをプラスできます。柑橘系はしょうゆと合うので、照り焼きのたれに加えても。また、ジャムにタイム、塩、オリーブ油を加えて、スペアリブをマリネして焼けば、美しい照りがつきます。オレンジスライスも一緒に焼けば、よりゴージャスな料理に」

FOODS(食品) | グローサリー | ジャム・コンフィチュール|エディアール | 伊勢丹オンラインストア http://isetan.mistore.jp/onlinestore/brand/001001/list?categoryId=01_070905&sitePath=onlinestore&ecBrandCode=001001?lid=lid_i_s19_ow02_bt01_ct33_163

2)にんじんサラダや生春巻きに!クミンが香るプラムジャム

▶<エディアール>ミラベルプラム&クミンコンフィ

<エディアール>ミラベルプラム&クミンコンフィ 1瓶(100g) 1,512円(税込)

フランス・ロレーヌ産ミラベル(=西洋スモモ)に白ワインとクミンを組み合わせた、2017年に初登場した三越伊勢丹限定のジャム。はちみつを思わせるミラベルのやさしい甘さを、エキゾチックな香りのクミンで引き締めた、大人好みの味わいです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ