無料の会員登録をすると
お気に入りができます

指先から春を呼び込む♡大人可愛い「花柄ネイル」デザイン集

春にぴったりな「花柄」を、一足早くネイルから取り入れてみませんか?今回は、大人にぴったりな「花柄ネイル」をピックアップしました。

2018年2月
ネイル

春は「花柄ネイル」が可愛い♡

春らしい柄といえば「花柄」はハズせませんよね。お洋服で取り入れるのもいいですが、まだ寒い日が続く今の時期は指先から花柄を取り入れるのもオススメです。

Media?size=l
instagram.com

でも花柄って可愛くなりすぎそう‥と敬遠している人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、大人にもぴったりな甘すぎない花柄ネイルをピックアップ。ぜひ参考にしてみてくださいね!

1.押し花風ネイルでフェミニンに

一輪の花をアクセントにON

Media?size=l
instagram.com

お花は一輪だけのせることで、アクセントになりオシャレ感も急上昇!他の指のネイルの柄や色にも負けない存在感がありますよね。

シンプルネイルにさりげなく乗せて

Media?size=l
instagram.com

ヌーディーカラーのシンプルなネイルに押し花をのせたデザインは、派手すぎず大人可愛い印象に。黄色の押し花が春らしく、清楚な指先を演出してくれます。

ワイヤーネイルと合わせて花束風に

Media?size=l
instagram.com

押し花は花束風にのせると可憐さアップ♡ゴールドのワイヤーをプラスすることで品の良さが高まり、大人らしく仕上がります。短めの爪にもばっちり合うネイルデザインですね。

2.大人カラーと合わせて甘さ控えめに

落ち着きカラーに花柄のアクセントを

Media?size=l
instagram.com

カラフルな花柄ネイルも、他の指を落ち着きカラーにすればしっかり大人な雰囲気に。ダークトーンに花柄が映えるため、大人カラーとの相性もばっちりです。

モノトーンの北欧風花柄でシックに

Media?size=l
instagram.com

モノトーンの北欧風花柄ネイルは、甘すぎず大人らしさ抜群。花柄以外もグレーのフレンチネイルでまとめた、落ち着きのある大人可愛さが魅力のネイルデザインです。

3.水彩調で上品ネイルに

淡い花柄とこっくり色を合わせて

Media?size=l
instagram.com

淡い水彩調の花柄は、あえて濃いめのこっくり色と合わせてもハマります。淡色と濃色の対比がとてもオシャレですよね。ラインストーンで煌びやかさをプラスすれば、さらに上品な仕上がりに。

ピンクトーンでまとめてフェミニンに

Media?size=l
instagram.com

淡いピンク色の花柄はとってもフェミニン。ピンク×ホワイトのネイルと合わせれば、さらに女性らしさがアップします。天然石をのせることでリッチな印象が高まり、大人らしさを演出できますね。

4.ネイルシールの部分使いでオシャレに

ナチュラルネイルに濃色の花柄をアクセント使い

Media?size=l
instagram.com

とてもシンプルなヌードカラーのネイルに、一部分だけ花柄シールをのせたデザインはとってもハイセンス。ナチュラルなネイルを引き締めて、ぐんとオシャレに仕上げてくれますね。

ボタニカル柄で大人な雰囲気に

Media?size=l
instagram.com

花柄の中でも、ボタニカル柄なら大人っぽさ抜群!一本の指の半分にだけのせたボタニカル柄シールで、シンプルネイルも華やぎますね。ゴールドと合わせることで、高貴さも演出できます。

花柄とネイルカラーをリンクさせて

Media?size=l
instagram.com

100均の押し花シールをベージュネイルにのせた、品のある花柄ネイルデザインです。花柄の色に近いネイルを他の指に塗れば、まとまりが出てオシャレに仕上がりますね。

5.お花の形にホロをのせて

ドット×花柄で大人可愛く

Media?size=l
instagram.com

ドット柄の中に一つずつお花をのせたホロ使いが大人可愛いですよね。甘めデザインですが、ビジューをたっぷりのせたネイルと合わせることでリッチで大人な雰囲気にシフトできます。

ナチュラルネイルにホロを散りばめて

Media?size=l
instagram.com

ナチュラルなネイルカラーに、花柄にのせたホロが品のある可愛らしさを演出。ただラメやホロを散りばめるよりも、オシャレ感はぐんと高まりますね。

指先から春を呼び込んで♡

Media?size=l
instagram.com

まだ寒い日もありますが、指先に花柄があるだけでも気分は華やぎますよね。ぜひ花柄ネイルを取り入れて、指先から春を呼び込んでくださいね!

記事に関するお問い合わせ