無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アウトドアテーブルの失敗しない選び方&スタイル別おすすめ商品9選!

アウトドアに欠かせないアイテムと言えばテーブルもそのひとつ。今日は、アウトドアテーブルの失敗しない選び方をみなさまに伝授していきたいと思います。おすすめの商品もご紹介しますので、アウトドアテーブルをお探しの方はぜひご参考にどうぞ♪

pomipomi

旅行・おでかけ

アウトドア用のテーブルは種類が豊富!

テーブルはアウトドアの必需品

キャンプやバーベキュー、ハイキングにピクニックなど、アウトドアで欠かせないアイテムと言えばテーブルもそのひとつ。調理や食事で使うのはもちろん、ドリンクを置いたり、食材を並べたりとさまざまな使い方ができるので、アウトドア好きな方でしたら一台は持っておきたいところですよね。

もちろんアウトドアに限らず、お子様のいるご家庭なら運動会で、イベント好きな方ならフェスでと、幅広いシーンで大活躍するアウトドアテーブル。最近では軽量タイプや多機能タイプなどバラエティ豊かに取り揃えられているので、興味のある方は一度売り場を覗いてみると楽しいかも!?

アウトドアテーブルの相場は?

アウトドアテーブルと聞くとそれなりにお値段が張るイメージですが、それはひと昔前の話のようです。近頃では1万円以内のリーズナブルなものも多数販売されており、比較的手頃な価格で入手できるようになってきています。

本格的な高機能タイプや、おしゃれなデザインのものなどでも、2~3万円前後が主流。中には5万円超のリッチな商品もラインナップしていますが、予算に合わせて選べる時代なので、ご自分のスタイルに合った商品がきっと見つかるのではないでしょうか?

アウトドアテーブルの選び方

大きさと高さ

アウトドアテーブルを選ぶ際にまず基準となるのがテーブルの大きさです。使用人数に合わせて決めるのが一般的で、おひとり様用のミニテーブルから、2人用、4人用、6人用と、その種類はさまざまに取り揃えられています。

また、テーブルの高さも重要なポイントとなっており、レジャーシートを敷いてその上に座る場合や、赤ちゃんや小さなお子様がいるご家庭にはロータイプがおすすめ。椅子に座ったり、調理台として使用するならハイタイプがよいでしょう。

形状と材質

テーブルの大きさと高さで、ある程度選別ができたら、今度は形状と材質の面をチェックしていきましょう。

アウトドアテーブルは大半が長方形ですが、中にはちゃぶ台のような円型のものもあります。材質は、サビに強く軽量なアルミ製やステンレス製が主流ですが、デザインや天然素材にこだわる方には、木や竹でできたナチュラルなものが人気です。

いずれにしてもこれらの要素は好みで選んでOK。いろいろな商品を見比べて選りすぐりしちゃいましょう。

見た目

愛着を持って長く使うには、やはり見た目にもこだわりたいところですよね。アウトドアでは写真を撮ることも多いので、おしゃれでSNS映えしそうな商品が女性には特におすすめです。

最近ではカラフルなものやデザイン性の高いものも数多く売られているので、売り場に足を運ぶだけでなくインターネットでも探してみると、これぞ!という商品に出会えるかもしれませんよ。

持ち運びに便利なアウトドアテーブル3選

最初にご紹介するのは、持ち運びに便利な軽量タイプのアウトドアテーブル3選です。気軽にゲットしやすい1,000円台の商品を集めてみましたので、アウトドア初心者さんは、まずはここからチェックしてみましょう♪

1. アルミ製でお手入れ簡単!「折りたたみテーブル」

こちらのテーブルは天板がロールタイプになっているので、クルリと丸めればコンパクトに収納することができます。約920gという超軽量タイプですが、耐荷重は20kgと、なかなかしっかりとした作りです。アルミ製で水や汚れに強く、使用後はさっと拭くだけでお手入れも楽々。専用の収納袋付きなので、釣りや登山などで持ち運ぶにも大変便利な商品です。

【仕様】
■サイズ・展開時:約W39.5×D34cm×H29.5cm
■サイズ・収納時:約52×20cm
■重量:約920g
■耐荷重:約20kg
■材質:アルミニウム
■カラー:シルバー
■セット内容:天板、スタンド、ポール×2、収納ケース

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ