無料の会員登録をすると
お気に入りができます

話題の「生理用ショーツ」使ってみた!メリット・デメリット

美容

最近ちらほら耳にする「生理用ショーツ」。ナプキンがいらないというけれど、本当に大丈夫なのか心配で気になりつつも使えない、という人も多いはず。そこで、今回、ライターMが実際に試してみました。そして出した結論は、「これ、いい!」。

最近よく聞く「FemTech(フェムテック)」って?

Female(女性)とTechnology(技術)を掛け合わせた造語。テクノロジーで女性特有のヘルスケアやライフスタイルをサポートするため誕生した製品やサービス、 市場そのものを指す。
欧米ではすでに数多くのフェムテック関連商品が一般にも浸透しており、北米だけで2025年までに500億ドル(約5兆円)規模の市場になるという予測も出ている。日本でも利用者が増えている基礎体温を入力し排卵日を管理するスマホアプリなどもフェムテック商品の1つ。国によっては、生理用品のサブスク配達サービスや、ウェアラブル搾乳機、骨盤底筋トレーニング機器なども人気。
女性の社会進出が進み、生き方や働き方が多様になってきている今、注目のキーワード。

話題の「フェムテック生理用ショーツ」を使ってみた!
ライターM、使用体験記

自粛明けくらいから急に耳にするようになった生理用ショーツ(これもフェムテック!)。VERYスタッフのおしゃべりでも幾度となく話題となっていた。編集から「いっそ、体験談書いてみない?」と企画が渡され、「面白そう!」と商品を入手してから、実は2回の生理を経てこの体験記を執筆している。

EVE オーガニック生理用ショーツ ¥4,480(税込)

試してみたのは、EVEのオーガニック生理用ショーツ。実は1回目のときは、たまたま連日早朝から夕方までの外ロケ撮影が続く週に生理が来てしまった。形状としては普通の生理用ショーツに、長時間用ナプキン1枚分くらいが中に縫い込まれた感じ。明らかに普通の生理用ショーツとは違う重みと厚みはあるものの、正直これで一体どのくらいの経血を吸収してくれるの!? と信用できない……。小心者の私は、結局、この月の生理では使用を見送ってしまった。意を決して(大袈裟!?)使用してみたのは、翌月の生理で。

▼「生理が恥ずかしいこと」だって、子どもに教えたくない

「生理が恥ずかしいこと」だって、子どもに教えたくない

生理2日目

1枚しか持っていないから午後から生理になった1日目は通常通りナプキンを使い、せっかくだから経血の量が多い2日目に使用することに。もともと2、3日目の量が多く4、5日目には一気に量は落ち着きほぼ終わるタイプ。

でも、勇気が出ない……。午前中から外で打ち合わせ。ロケ撮影とは違い、いつでもトイレには行ける状況だけれども、だって2日目。だってナプキンなし。私はまたしても使用を見送ってしまった。夕方4時ごろ帰宅をして、EVEの生理用ショーツに穿き替えてみる。手に持ったときよりも穿いたときのほうがゴワッとした違和感はない。股上も深く、お腹をすっぽり包んでくれて安心感がある。ただし、ナプキンの感触が当たり前となって約30年。いつもと違う布に直に触れる感触にドキドキ。

穿いているとまったく違和感なし。ナプキンなしショーツを穿いていることをすっかり忘れてしまう。さすがに初めてだし、自宅だから、時折お股をチェック(笑)。漏れはなし。

普段からトイレが遠く、だから生理のときは、ナプキン交換のために頻度を上げてトイレに行っていたが、結局このとき、ショーツが〝ヤバい〟感覚もないし、自宅だという安心感もあり、ショーツを穿き替えてから初めてのトイレは3時間後、尿意をもよおしたから。

2日目で3時間。漏れていないという時点で、感動!合格!

恐る恐るショーツを下してみると、アレ? よくわかんない……。若干重みを感じるからしっかり経血は出ていて吸収しているんだと思うんです。でもあまりにも吸収力が良いのか、ショーツ表面には経血は残っておらず、さらにショーツの色が黒でシミがわからない……。困った、これは替えどきなのか、このまま穿き続けてよいのか。付属の説明書を読んでみる。〝15mlの吸水後もサラサラした使用感が持続……〟いや、知りたいのはそれじゃないのよ。限界の見極め方法は? そもそも経血をミリリットル単位で言われてもイメージ付かない(苦笑)。よし、もう今日はどこにも出かけないから限界まで穿いてみよう!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ