無料の会員登録をすると
お気に入りができます

対人関係うまくいってる?ふたご座の弱点・処世術、教えます

占い

仕事でもプライベートでも、何かと悩みが尽きないのが「対人関係」。うまくいかない理由は人それぞれですが、自分の陥りがちなコミュニケーションの失敗や弱点を知っていれば、今よりもいい人間関係が築けるかもしれません。

12星座別に占う「弱点・処世術」、第3回は「ふたご座」です。

ふたご座のコミュニケーションスキル

風のエレメンツに属すふたご座。頭の回転が速く、好奇心旺盛で社交的。柔軟宮にいるため器用で、相手によって対応を変えることが得意。12星座中でも1、2を争うほどコミュニケーションスキルが高い星座です。

強みは、持ち前の好奇心からくる情報量の多さ。幅広い知識を持ち、加えて表現力も豊かです。無意識に相手を楽しませようとするサービス精神が旺盛なため、一緒にいると誰もが「楽しい」と感じるでしょう。

反対に、弱みは実は繊細でお調子者なところ。サービス精神旺盛なところから、ノリで余計なことまで口走ってしまったり...。性格的に軽やかな分、少し重みが足りないように見えてしまう部分があります。

しかし、実は細やかなアンテナがたくさん張り巡らされており、神経は鋭敏です。それを感じさせない気遣いが、適当と映ってしまうため、軽く見られがちで、損をしてしまうところがあります。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

ふたご座の弱点克服法

サービス精神旺盛なふたご座は、「盛り上げよう」とついつい余計な話までする事が多いです。みんなが知っている話題のときは聞き役に回りつつ、ここぞという時に確かな知識を披露した方が◎。ポイントを上手におさえれば、周囲から尊敬の念を集めることができるでしょう。

また、好奇心旺盛なふたご座は、情報に気を取られて、相手の感情に反してつい根掘り葉掘り聞いてしまう事も多いです。

もともとおしゃべりなので自分が主導権を握ってしまいがち。「ねぇねぇ、聞いて」と話しかけられたときは、自分の番がくるまでグッと我慢し、聞き役に徹することが大切です。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ