無料の会員登録をすると
お気に入りができます

楽なはずのお鍋の日。お鍋以外にもおかずを用意するおうちがあるってほんと?

レシピ

寒い季節はお鍋がおいしいですよね。そして、食材を切って並べるだけでいいお鍋は、忙しいママにとって、食事作りの負担が減るのでとても便利な献立のひとつではないでしょうか。「今週は忙しいから、お鍋にしちゃおう」そんな気持ちでお鍋が週に2,3回となるご家庭もこの時期は多そうですよね。ところが、ママスタコミュニティに、こんな質問が寄せられていたんです。

『ママ友から、「鍋だけっておかずにならないよね」と言われました。うちは、鍋の日は鍋だけなのですが、おかずになりませんか?』

おかずにならないとは、お鍋の他に何品かも加えるということ……? そうなるとお鍋ではない日よりも作る人の負担が増えるのでは? ともあれ、みなさんからの回答をまとめてみました。

お鍋はおかず?おかずじゃない?問題

お鍋はお鍋だけで食べた後に、雑炊やうどんなどの炭水化物で〆とする人もいます。そう考えると、お鍋の日は「ご飯のお供としてのおかずがない」ということになるのでしょうか。

『鍋をおかずにご飯は食べない。締めの雑炊やうどんやラーメンにする』
『おかずっていわれたら……ちがうかな』
『鍋でご飯は進まないから、最後に納豆ご飯にしたりしている』
『鍋とごはんは一緒に食べないかな~。最後に雑炊にして食べる』
『他にも作るよ。お鍋だけじゃ味気ない』

おかずでなくても、お鍋だけで十分!

お鍋はおかずにはなりにくいかもしれませんが、お鍋だけでいろいろな食材を食べることができます。なので別におかずが必要ということはないのでは? という意見もありました。

『野菜もたんぱく質も汁もあるよね』
『おかずになるかどうかじゃなくて、お腹がいっぱいになるかどうかが重要』
『〆に麺類かお米入れるし、具材もたくさん入れるからうちは鍋だけで十分』
『鍋は鍋だけでも成立するよ』
『毎回10~13種類の食材を使って楽しむよ』

育ち盛りのお子さんや、パパのおつまみが必須なご家庭も

お鍋ひとつでいろいろな食材が食べられるから、家族は満足できるのでは? と感じるかもしれません。しかし育ち盛りのお子さんや、お酒を楽しみたい旦那さんはお鍋だけでは物足りないようです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ