無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[SDGsアクション]アルティーダウードのドネーションプロジェクト、フェアトレード...今日からできるSDG’sな買い方

ライフスタイル

スーパーバイラーズと一緒に考える「SDGs」。日々のなにげない行動を見直すことが明るい未来にきっとつながる! 今すぐできることから一緒にトライしてみませんか? 今回は貧困・経済成長を意識したアクションを、スーパーバイラーズ森田みやびさん&太田冴さんがナビゲート。

そもそもSDGsって何?「SDGsの17の目標」図鑑

【SDGsの目標】貧困をなくそう

開発途上地域では一日1.9ドル未満で暮らしている人が7億人以上も

《チャリティグッズ》を買う

おしゃれに欠かせないアクセサリーを身につけるなら、SDGsに貢献しているブランドのアイテムを選ぶのもひとつ。企業への応援とともに自分の好きなものとSDGsを結びつけることで間接的な支援に。

アルティーダ ウードの 「I am」ドネーションプロジェクト
インド・ジャイプールの女性たちがハンドメイドで制作。売り上げの一部が「インドに学校を建てるプロジェクト」に寄付される。各¥4000/ジ アナザー ミュージアム(アルティーダ ウード)

【私たちも実践中!】
デイサービス勤務 小野絵里さん
売り上げの一部が寄付される、クロエとユニセフのチャリティブレスレットを購入しました

《クラウドファンディング》や《寄付》に参加する

自分が共感できる取り組みを行っている企業や団体にお金を寄付したり、クラウドファンディングでプロジェクトに賛同することも立派な支援。リターンで支援後もつながりをもてるなどのメリットも。

【太田さん's eye】「何かしたい」が簡単に。嬉しいリターンに気分も上がる!
「保護馬たちのセカンドライフを支援すべく、モデルの紗栄子さんが立ち上げたプロジェクトに参加。クラウドファンディングは支援する側とされる側が一方通行じゃないのが魅力だと感じています」

【SDGsの目標】働きがいも経済成長も

児童労働や過労死など、労働に関わる問題を抱える人は世界中に大勢

いつもの嗜好品を《フェアトレード》に

ブレイクタイムに欠かせないコーヒーやチョコは誰がどんな環境で作ったものなのか。生産者の労働環境に配慮されたフェアトレード品を選ぶことで、発展途上国の不平等をなくす一助に。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ