無料の会員登録をすると
お気に入りができます

71.2%が持ち家あり!マイホーム購入者が感じる「メリット」と「デメリット」とは

ライフスタイル

71.2%が持ち家に住んでいると回答

日本トレンドリサーチ(運営会社:株式会社NEXER)は、全国の男女計1,800名を対象に、2021年2月4日~2月12日に「家に関するアンケート」を実施しました。

同調査によると、現在住んでいる「家」の居住形態は、「持ち家(戸建て)」が54.3%「持ち家(集合住宅)」が16.9%となっており、合計で71.2%の方が、「持ち家」に住んでいると回答しています。

prtimes.jp

引用元:https://trend-research.jp/7142/

現在持ち家に住んでいる方に、「持ち家を購入して良かったと思うこと」「持ち家を購入しなければ良かったと思うこと」と聞いたところ、以下のような回答がありました。

持ち家を購入して良かったと思うこと

自分の所有不動産であるという心の余裕が持てた。(70代・男性)
将来の住む場所に不安がない。(50代・男性)
自分の家なのでいつでも模様替えやリフォームができる。(60代・男性)
ローンが終われば住居にかかる固定費がなくなること。(40代・女性)
契約期間や家賃を気にしなくて良いところ。(50代・女性)
災害や経年劣化などの時に、自分と家族の意思だけで自由に修理や建て替えができる。高齢になっても追い出されたり、住むのを断られたりしない。(40代・男性)

持ち家を購入しなければ良かったと思うこと

家のローンでお金の余裕が無く、貯金が出来ない。(50代・女性)
近所付き合いが基本的に長期となるのでトラブルがあると厄介。(40代・男性)
家の税金や修繕費がいろいろかかること。(30代・女性)
好きな場所に気軽に引っ越せない。(40代・女性)
不動産税や火災保険、家屋修理費等のメンテナンス費用を考慮すると、不動産取得後も毎年かなりの金額を見ておく必要がある。(70代・男性)
騒音問題などがあっても引っ越しできない。(50代・男性)

現在持ち家に住んでいる方は、「持ち家を購入して良かったと思うこと」も「持ち家を購入しなければ良かったと思うこと」もそれぞれ様々な意見があるようですね。

今のマイホームに関する気持ちは、大半が「後悔なし」

また、同調査によれば、持ち家の「戸建て住宅」に住んでいる方に、家についての現在の気持ちを聞いたところ、94.7%の方が「戸建てを購入して良かった」と回答。

prtimes.jp

持ち家の「集合住宅」に住んでいる方に、家についての現在の気持ちを聞いたところ、85.9%の方が「集合住宅を購入して良かった」と回答。

prtimes.jp

賃貸住宅に住んでいる方の場合は「21年以上」長く住んでいる方に限定して、家についての現在の気持ちを聞いたところ、78.0%の方が「賃貸住宅で良かった」と回答しています。

prtimes.jp

「戸建てを購入してよかった」「集合住宅を購入してよかった」「賃貸住宅で良かった」、それぞれの回答を一つのグラフにしたものが以下となります。

prtimes.jp
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ