無料の会員登録をすると
お気に入りができます

東京湾の新たな風物詩!「東京花火大祭〜EDOMODE〜」が開催!

東京花火大祭制作委員会(委員長:石嶋洋平)は、2018年8月11日(土・祝)お台場海浜公園にて、“東京花火大祭~EDOMODE~” を開催します。“東京花火大祭~EDOMODE~”は、江戸時代から伝わる顔見せの文化のように、日本トップクラスの花火師が一堂に会する花火大祭。また、東京を象徴する音楽、食、芸能、テクノロジー等のさまざまなコンテンツとフュージョンし、東京の新たな夏の一大イベントとして、世界に向けて発信します。

旅行・おでかけ

日本トップクラスの花火師が集結! “東京花火大祭〜EDOMODE〜”

“東京花火大祭~EDOMODE~”では、「ビーチ」「歌舞伎」「屋形船」「ルーフトップ」などの有料エリアをご用意。さまざまなアングルやシチュエーションから、お好きな鑑賞スタイルを選んでいただける、提案型の花火大会です。

「ビーチ」エリアでは、東京湾に面したテーブル席や、浴衣でも座れるペア席、ファミリーシートなどを用意。200度の視界いっぱいに広がる東京の輝く夜景とともに花火をお楽しみいただけます。

「歌舞伎」エリアには、日本を代表する歌舞伎俳優のひとりである市川海老蔵さんが登場し、花火をテーマにした新作舞踊を披露。花火と歌舞伎の贅沢なコラボレーションをご覧いただけます。
※歌舞伎をご覧いただけるのは、アクアシティ歌舞伎 天空舞台「花火と歌舞伎を楽しむ席」のチケットをご購入の方のみです。その他の席からはご覧になれませんのでご注意ください。

コンセプト

EDOMODE  江戸と東京モードのフュージョン

コンセプトは“EDOMODE(江戸モード)”。

世界に誇れる東京であり続けるため、東京湾での花火祭を通じ、伝統的な江戸文化と最先端の東京をフュージョンさせ、花火、芸術、芸能、音楽、技、食、テクノロジーといった多くの分野で、夏を彩るさまざまなコンテンツを発信していきます。

市川海老蔵さん出演! 歴史上初の“花火と歌舞伎の共演”

“東京花火大祭~EDOMODE~”のオープニングを飾るのは、歌舞伎俳優・市川海老蔵さん。アクアシティ屋上の特設舞台で、花火をテーマにした新作の舞踊を披露します。
※市川海老蔵さんの舞台をご覧いただけるのは、「アクアシティ 歌舞伎天空舞台 」のみです。

プロフィール

市川 海老蔵
Ebizo Ichikawa

1977年12月6日生まれ。十二世市川團十郎の長男。1983年歌舞伎座『源氏物語』の“春宮”で初お目見得。1985年歌舞伎座『外郎売』の“貴甘坊”を勤め七代目市川新之助を襲名。2004年歌舞伎座にて市川海老蔵を襲名。襲名以来、その活躍は目を見張るものがある。近年では、日本の伝統芸能の醍醐味と素晴らしさを現代の観客のみならず、次世代に伝えるべく、自ら企画した「古典への誘(いざな)い」「ABKAI」など、自主公演にも意欲的に取り組み、次々と新作を生み出している。また、活躍の場は国内に留まらず、二度に渡るシンガポール公演、2016年2月にUAE、3月には、ニューヨーク・カーネギーホールにおいて「GRAND JAPAN THEATER」公演を実施した。歌舞伎だけではなく、映像の世界では2014年映画「利休にたずねよ」で、第37回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞している。

市川海老蔵さんコメント

歌舞伎は江戸時代に育てられた文化のひとつで、花火も同じく江戸の大衆を魅了してきました。今回の東京花火大祭2018では、EDOMODEのコンセプトのもと東京湾の夜景と花火をバックに、花火をテーマにした新作の舞踊にチャレンジさせていただきます。歌舞伎の歴史的にも、この規模の花火とのコラボレーションは初の試みだと思います。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ