無料の会員登録をすると
お気に入りができます

田中みな実さん流・今を生き抜くヒント。 2020年以降、恋愛に対する価値観の変化はあった?

ライフスタイル

不安な日々が続いているけれど、今だからこそ、自分について、未来について、地球について、田中みな実さんと一緒にじっくり考えてみよう。コロナ禍での社会のことから、恋愛、勉強、未来のことまで、読者の悩みに真剣に向き合って、回答してくれました。

相手を思いやるのと同じくらい自分のことも大切に。取り繕わず、焦らずゆっくり。

Q
コロナ禍で、人と接する機会が減ってしまった今、どう人間関係を築いたらいいのでしょうか……。

今はお仕事も授業もリモートが多めなのかしら。

人間関係は複雑で、ただでさえ本心が見えないのに画面越しの相手の真意なんて簡単に伝わるはずがありません。加えて、誰もが画面に映っている時は完璧であろうと努めるはずだから、ほころび……というか、弱みみたいなものが見えにくくなるのよね。

そういう弱点をきっかけに、あるいは、ちょっとした会話から「感覚が合うなぁ」と自然と仲よくなったりするものなのに、今はその"きっかけ作り"さえ難しくなっているのではないかと感じます。

でも、必死にならなくても大丈夫。

知らないうちに、他の子たちが仲よしグループを作っていたとしても、焦らない。みんな同じように様子をうかがっているんだから。不安に思ったら、昔からの友達と電話で連絡をとり合ってみるのはどう?

私は声を聞くと安心できる。文字だけのやりとりでは感じにくい温度や言霊(ことだま)を大切にしたいです。

Q
2020年以降、恋愛に対する価値観の変化はありましたか?

2020年は愛だの恋だの言っている暇もなく、目まぐるしい日々を過ごしていたのですが、新春ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』を見て、本調子ではない時、余裕がない時にそっと寄り添ってくれて、互いに理解し合えるような……平匡(ひらまさ)さんみたいなパートナーが欲しいと切に思いました(笑)。

そうかといって積極的に出会いを求めているわけでもなく。だって、できれば自然に出会いたいじゃない?

こういう状況でなくとも、初対面の人との飲み会の類いは苦手で避けてしまうのに、どうしたら自然に出会えるのでしょう?? こじらせ街道まっしぐら(笑)。

彼がいる時は譲歩のし合いで人間的にも成長できるし、一人では得られない幸福感を得られるのだと思う。でも、一人の時は一人の時で、自由気ままにおひとり様を満喫できて幸せだなぁ。

そんな生活に飽きてきた頃に、恋愛スイッチが入るのかしら? 気ままに待つことにします。

ノンノ読者のみんなへ。 悩んで悩んで悩み抜いたところで現状は変わらない。ならば、思いきって飛び込んでみませんか!
石橋をたたきまくって、割れて、動けなくなって、とどまるなんてもったいない!
たとえ水に落ちたとしても底は浅いかもしれないし、深くて立てなかったら泳ぐ術を身につけて泳ぎの達人になればいい。
"たられば"で悩む時間はもったいない。今ある課題に向かって、ただがむしゃらに頑張るのみ。なんとかなるよ。大丈夫♡

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ