無料の会員登録をすると
お気に入りができます

結婚後もラブラブ!夫が妻にドキドキした瞬間とは

恋愛・結婚

お付き合いしている相手がいる場合、結婚後の生活がどうなるのか気になる人は少なくありません。

誰もが、結婚後もドキドキしたり、幸せな気分になったりできる生活を夢見ているはず。

結婚後でもドキドキできる瞬間があれば、夫婦生活は長続きしやすいでしょう。

今回は、夫が妻にドキドキした瞬間を、実体験を交えて紹介します。

自分への噂を一刀両断してくれたとき

「あるとき、僕が不倫をしているという噂が流れたんです。もちろん寝耳に水で、どこでそんな噂が出たのか見当もつきませんでした。

ふたりで歩いていたある日、近所のおばさんがその話題で不意に話しかけてきて。そしたら、『この人はなにもしてないんで、やめてもらえますか!』と怒ってくれて、ドキドキしました」(自営業・男性・30歳)

こちらは、ちゃんと言いたいことを言ってくれた姿に、キュンとしたケースですね。

男性のプライドを大切にしてあげたり、守ってあげたりするセリフに弱い男性はたくさんいます。

優しく微笑んでくれたとき

「いつもは手厳しいコメントも多い妻ですが、テキパキ家のことをしてくれますし、率直な意見をくれるとても大切な存在です。僕が病気になって入院したときも、いつものようにテキパキと看病をしてくれて、とてもありがたくて。

体調が回復すると、僕を見ながら優しく微笑んで、安堵の表情になったんです。そんな愛情いっぱいの顔を見せられたら、たまりませんよね」(会社員・男性・32歳)

男性は、彼女や妻にどこかしら母性を求めているもの。

普段は厳しいことを言っていても、「本当は一番大切に想っているよ」という気持ちを表現してみましょう。

いつもと雰囲気が違うとき

「結婚してからはバタバタしていて、ふたりで旅行をすることもありませんでした。ただ、ようやく旅行ができるようになると、妻のテンションがすごく高くなっていたんです。

観光スポットを回るときも、いつもの妻とは全然違っていました。『こんなに喜んでくれるんだ』と嬉しくなりましたし、新鮮なドキドキ感がありましたね」(美容師・28歳・男性)

付き合っているときは会えない日も多いですが、結婚すれば毎日一緒です。

コミュニケーションも、だんだんマンネリ化することが増えてしまいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ