無料の会員登録をすると
お気に入りができます

整理収納アドバイザーから学ぶ「ホットプレート」を手放したらストレスが激減したワケ #私の台所革命

ライフスタイル

ホットプレートを手放した理由

以前は焼肉やお好み焼き、たこ焼きもできる多機能なホットプレートを持っていました。子どもが生まれた時に必須だと思い購入したものです。

子どもが小さい時は気軽に焼き肉など外食もできないので、確かに活躍しました。が、だんだんホットプレートを持つことが負担に感じるようになり、思い切って手放すことにしました。

その理由とは、

ホットプレートの代用方法

ホットプレートを手放して、私が選んだ代用方法は、シンプルに、ガスコンロを使うというもの。

我が家はガスコンロで使用できるプレートとたこ焼き器を新たに購入しました。

南部鉄器のプレートとたこ焼き器。

ホットプレートと違って一度に調理できる量は少ないのですが何回かに分けて調理すれば問題ありません。焼きそば、お好み焼き、たこ焼きはガスコンロで作ってそのまま食卓に運びます。

鉄板のまま食卓に出せば熱々のまま食べられてお店のような雰囲気に。

ホットケーキも火加減に注意すれば手持ちのフライパンで美味しく焼けます。

ホットケーキはいつもフライパン2つ使いで焼きます。

焼肉については、お店で食べるのが一番美味しい、という結果に。家で食べることは潔く諦めました。

ホットプレートを手放したことで気付いた嬉しいこと4つ

その1 火力の強さ

ホットプレートを手放して気付いたのは、ガスの火力の強さ。

私が持っていたホットプレートはなかなか温度が上がらず待つ時間が多かったのですが、ガス火ならすぐに温度が上がります。
火力が強い、ということは料理の美味しさに直結します。家族からもホットプレートで作った時より美味しいと言われるようになりました。
ホットプレートのように大容量を作ることが出来ませんが、何回かに分けて作れば問題ないです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ