無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今だったら大問題の事案も!?ママたちが「小学生のとき嫌だったこと」

子育て

ママスタコミュニティに「自分が小学生のとき嫌だったこと」を問うトピックがあがりました。「昔も今も、子どもが嫌なことって共通よね」と思えるコメントもあれば、今だったら到底許されないような内容も……。あなたが嫌だったことも入っているでしょうか。

学校行事や授業で嫌だったこと

その科目や行事が好きな人には楽しかったかもしれないけれど、みんなが楽しめているとは限りません。

『車酔いが酷かったため、遠足だの見学だの大嫌いだった』
『楽しい冬休み明けのマラソン大会』
『プール。水着になるのが本当に嫌で、高学年のときは「生理」とか「水泳道具忘れた」とか嘘ついて休んでた』
『ドッジボール。一度顔面に当てられて鼻血出してる。ボール取れない。運動神経がいい人にはわからないだろうけど、「今日はドッジやります」って日は、大袈裟でなく「これから死に直面します」ってレベルの恐怖が襲ってきて家に帰りたかった』

筆者も運動が苦手だったので、ドッジボールに対しての恐怖心が痛いほど気持ちがわかります。狙われる恐怖と戦う数分間が、どれだけ長く感じられたことか。

『音楽の時間に先生の前で1人ずつやる、合格するまで終わらない歌やリコーダー』
『国語の朗読で、漢字がいっぱいな箇所が回ってくるかどうかハラハラする瞬間』

運動の実技もそうですが、自分がうまくできないのがわかっていて、それでもやらなくてはいけないのが辛かったですね。

なぜあんなに強制を?厳しい給食時間

ママスタコミュニティでもときどき話題にあがる、給食の完食問題。学校によっては残量調査などのために、先生が無理やり食べさせることがあるようです。もちろん食べ物を粗末に扱ってはいけませんが、「ここまでする必要ある?」と今でも思っている人はいるのではないでしょうか。

『給食が食べられない子だった。5時間目まで食べさせられたし、途中で吐く子はビニール袋を持たされて食べていた。やっと食べてから遅れて給食室に食器を持っていくと、おばちゃんにひどく叱られた。今では考えられない。ひどい時代』
『小学1年生の頃、親も頼んでいないのに担任の女性教師が無理やり私の左利きを矯正をして、給食時間が過ぎても掃除時間まで右手で食べさせられた。小食で給食を食べきれない子や好き嫌いがある子と、泣きながら掃除時間が終わるまで食べさせられていた』

クラスでの納得できないルールや出来事

先生はクラスのためを思ってしていたのでしょうが、「これ、やる意味ある?」と思っていた人はいるのでは……。

『帰りの会の「いいこと見つけ」。何もないのに』
『「クラスの皆の良いところを書き合おう!」みたいなやつ。みんな「サッカーがうまい!」とか「笑顔で優しい」とか書かれるなか「いつも消しゴムを貸してくれる」って感じの内容ばかりだった……(笑)』
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ