無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ダイエット]いつものお米で糖質オフのごはん、炊けちゃいます

インテリア

ダイエットをしたいけれど続かない。身体が痛いけれど整体に行く時間がない。食習慣を改善できずに体調がすぐれない……など、多くの人が抱えているカラダの悩み。

実は、そんな悩みを解決してくれる家電が近年続々増加&売れています。

ということで、本音の家電ガイド『家電批評』がカラダ家電を集め、テストを決行!

ご飯屋さん、整体、ジムに行かなくても、自宅で毎日身体をリフレッシュできちゃう最新家電をお届けします。

ダイエット方法の主流になりつつある糖質制限。でもどうしてもパンやお米が食べたい日もありますよね。そんな時に助けてくれるのが、糖質オフメニューが搭載された「糖質カット炊飯器」。

お米は通常のお米を使用しますが、糖質モードだと炊飯時に使う水の量が多くなります。それゆえ、お米の仕上がりは柔らかく、おかゆに近い状態に炊き上がるんです。

ただ美味しくなければ続かないもの。そこで、人気のアイリスオーヤマ「ヘルシーサポート炊飯器」で実際に炊いてみました!

アイリスオーヤマ
ヘルシーサポート炊飯器 RC-IJH50-W
実勢価格:1万8480円
サイズ・重量:W26.2×D32.9×H21.9cm・4.4kg
容量:5.5合
消費電力:1030W

※画像はAmazonより。

アイリスオーヤマの「ヘルシーサポート炊飯器」は、2つの糖質カットのモードがあり、10%・20%から選ぶことができます。玄米やもち麦などヘルシーメニューが充実しているのが特徴です。

IH式の炊飯器は炊きムラが少なく、ふっくらとした仕上がりになるのもポイントです。

実際に炊いてみてプロの料理家と編集部で実食。おかゆに近い柔らかさで炊き上がりました。

通常の炊き方と異なるのは水の量。普通炊飯時より少し多めに入れます。

使うお米は普通炊飯と一緒で、特別なことは何もしなくてOK!

全体的に柔らかくなりますが、味は普通炊飯時とさほど変わらず。少し米本来の味が薄くなった感覚はありますが、おいしいです。

水分が多く、粒感はありますがおかゆに近い状態です。柔らかいので消化には優しいです。

以上、糖質カット炊飯器のご紹介でした。ダイエット中でも白米を食べたいけれど、糖質が気になる……という方は、ぜひチェックしてみてください!

▼ダイエット中のスイーツを選ぶなら?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ