無料の会員登録をすると
お気に入りができます

PTA経験者が教える、おすすめの役割は?大変だけどやり甲斐もあるのは、あの委員!

子育て

年度が変わるたび「ああ、またあのシーズンがやってきた」とブルーになってしまう……子どもを園や学校に通わせているママであれば、おわかりですよね? PTAの役員決めです。未経験者にとっては”なんだか大変なもの”というイメージが先行し、実態がよくわからないこともあるようです。

PTA役員経験者が回答した、あるアンケート調査の結果が公表されました。テーマは「大変だった!」という役割、さらに「やってよかった!」という役割などについて。「もし自分が選ばれたら?」と戦々恐々としているママにこそチェックしてほしい、体験談が並びました。

「やってよかった」TOP3は学年委員、広報委員、PTA副会長

調査を行ったのは、主婦求人サイト「しゅふJOBパート」を運営する「株式会社ビースタイル メディア」です。

まず聞いているのは「これは大変だった」という役割について。結果はこちらです。

もっとも多かったのは「学年委員(15.4%)」でした。学校によって仕事内容は違いますが、簡単にいえばその学年の取りまとめ役。たしかに大変なことが多そうです。
第2位は「PTA副会長(9.7%)」。サブ的な役割ほど、実務が多いのかもしれません。第3位は「広報委員(9.5%)」でした。

次に聞いたのは「やってよかった」と思う役割について。こちらが、その結果です。

最多は「学年委員(18.4%)」。第2位「広報委員(11.8%)」と第3位「PTA副会長(9.2%)」は順位入れ替わりがありますが、「大変だった」と回答した役割とほぼ変わらない結果です! なんだか矛盾しているように思えますが、大変な役割ほどやり甲斐もあると考えることができそうです。

「おすすめの役割」TOP3と、その理由は?

調査では「おすすめの役割」についても聞いています。実はこちらの調査でも、TOP3は第1位「学年委員(18.6%)」、第2位「広報委員(10.4%)」、第3位「PTA副会長(6.4%)」でした。ママたちが各役割をおすすめする理由を紹介しましょう。

【学年委員】
調査結果によれば、大変さもやり甲斐ももっとも大きい役割です!

『学校行事の把握、子どもたちの様子がわかる。クラスレクなどで交流、情報交換、共有ができる』
『一番集まりが少なく、負担がないから。どんな活動であれ、多少の仕事や家庭の犠牲はつきものだと感じている。仕事をしていないのなら、学校や子どものために活動している自負を感じられる人もいると思う』

【広報委員】
PTAの広報誌作りなどをする役割です。一般の保護者は見学できないイベントの取材などで、ちょっとした特権気分を味わえることも?

『子どもたちの様子が、一番よくわかる委員だと思います。新聞作りや行事、先生方との関わりなど楽しく活動できました。ただ、活動量はおそらくもっとも多いです』
『体育祭などの行事で、一般の保護者は入れない場所で写真が撮れる。広報誌のレイアウトなどは業者に任せるところが多いので、あまり作業もないから』

【PTA副会長】
PTA本部の仕事だけに、やることはかなり多そうです。ただサブ的な役割なので、会長よりはまだ気がラクなのかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ