無料の会員登録をすると
お気に入りができます

紫外線対策ならマスクは白より黒をチョイス! ニューノーマルなUVケアを美容皮膚科医が解説

美容

目次

UVケアパーフェクトLesson/UVケアのよくあるお悩みにアンサー!<マスクをつけているときのUVケア>

日射しがだんだん強くなってくる5~6月は、UVケアにしっかり取り組むべきシーズン。withマスク時代のUVケアについてシロノクリニック銀座院の笠井美貴子先生が教えてくださいました。

『steady.』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!! 詳しくはこちらをクリック

詳しくはこちらをクリック

【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

お悩み:マスクをつけているときのUVケアは?

A:マスクは暗い色のほうが紫外線を通しにくいです

白いマスクであっても肌を覆っているので、紫外線をガードできますが、より徹底したいなら、黒や暗い色を選んで。マスクで隠れていない、TゾーンはしっかりUVケアを。マスクをする部分もできればつけたほうがいいと思うので、朝は顔の下半分にも塗りましょう。

≪Point:マスクは暗い色をチョイス≫

サロペット¥14,300/トランテアン ソン ドゥ モード(ヒロタ)

黒やグレー、ネイビーなどの暗い色のほうが紫外線を透過しにくいといわれています。マスクでムレるので、塗り直しは顔全面がベター。

≪Point:おでこや鼻の頭を重点的に≫

額や鼻など、マスクで隠れていない部分は焼けやすいです。Tゾーンは日焼け止めをちゃんと塗れば、マスク焼けも防げます。

【おすすめアイテム】

ユニ・チャーム 超快適マスク 息ムレクリアタイプBLACK 5枚入り ¥438/ユニ・チャーム

▲「99%カットフィルタ」でしっかりブロック。

高機能フィルター入りMASK ブラック、グレー 各¥790(2枚入り)/ともにGU
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ