無料の会員登録をすると
お気に入りができます

主婦のへそくり最新事情。隠すより「オープンにして口座管理」が主流?

節約・マネー

家計とは別に、内緒で貯める個人貯蓄「へそくり」。タンス預金と似たようなイメージがある人も多いと思いますが、共働き家庭が増え、時代も働き方も変化した現在、主婦たちのへそくり事情はどのように変わっているのでしょうか。

30~50代主婦の半数弱がへそくりを実施。総額は100万円以上!?

株式会社主婦の友社が、日本のリアルな主婦像や動向に関する調査を実施。現在進行形でへそくりをしているか問うと、「している」人が45.6%、「していない」人が54.4%とほぼ同率でした。家計を握ることが多い主婦だからこそ、夫や家族に暗黙でコツコツ貯蓄ができるのかもしれません。

出典:株式会社主婦の友社「日本のリアルな主婦像や動向」

毎月のへそくり貯金額を聞くと「1万5,000円以上」が最も多く26%、「8,000円~1万円」が 20.8%、「3,000円以下」が18.2%、「1万円~1万2,000円」が14.3%、「3,000~5,000円」が13%、「5,000~8,000円」が7.7%でした。4割以上の人が毎月「1万円以上」をへそくりしている一方、「3,000円~1万円以下」の人も合計すると4割を超え「まとめて貯蓄する派」と「コツコツ貯めていく派」に分かれているようです。

出典:株式会社主婦の友社「日本のリアルな主婦像や動向」

今あるへそくりは総額でいくらかという質問には、「100万円以上」が32.5%で最多となる結果に。その一方、「10万円未満」が24.7%を占めており、二極化している様相が見て取れます。総額が多い人は、仕事やパートで稼いだお金をそのまま自分のへそくりにあてており、毎月コツコツ派は、生活費を節約して余ったお金を少額ずつ貯蓄するケースが多いようです。

出典:株式会社主婦の友社「日本のリアルな主婦像や動向」

へそくりは「自分にも家庭にも還元できる」いざという時の当座資金

へそくりの目的について複数回答で聞くと「自分の趣味や遊興費のため」が最多で59.7%、次いで「いざというときに生活費を補填するため」が46.8%、「貯蓄のため」が36.4%、「へそくりを元手にお金を増やしたいため」が22.1%、「子どものため」が13%でした。へそくりを貯める目的として、「自分に投資するお金」と捉えている一方、いざという時の生活費、子どものためなど「家庭に還元するため主婦が握っておく虎の子として、計画的にキープしておきたい」という回答が目立ちました。

出典:株式会社主婦の友社「日本のリアルな主婦像や動向」

へそくりの目標額を問うと「特に目標額はない」が最多で45.5%を占めました。毎月それなりに支出があり、緊急時に使う可能性などを鑑みれば、「何円貯まればおしまい」というものではないようです。次いで「100万円以上」が36.4%で、ざっくりと「100万円以上あれば安心」と目標額を設定している人が多そうです。

出典:株式会社主婦の友社「日本のリアルな主婦像や動向」

へそくりの貯め方や管理方法、使い道は?

実際、主婦はどのようにしてへそくりを貯めているのでしょうか。まとまった額を貯める派からは

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ