無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冬もやっぱり「デニム」がはきたい♡真似したくなるコーデ術8選

カジュアルの王道「デニム」。オールシーズンはけるスタンダードアイテムです。デニム人気はもはや確立されていますが、今っぽくこなれ感ある着こなしだと周りと差をつけられます。今回は真似したくなるデニムのコーデ術をピックアップしました♡

2018年11月
ファッション

冬もやっぱりはきたい♡王道「デニム」

ryoko on Instagram: “▪︎today's✔︎ . オランダ軍のボアライナージャケットと501 . . .…”
instagram.com

もはや“王道・鉄板”と言うべきカジュアルアイテム「デニム」。1人1本は持っているであろう人気のスタンダードアイテムです。そんな王道デニムは、冬もやっぱりはきたいですよね。

@_____mt._ on Instagram: “↪︎ . cosme & coordinate🌿 . 昔は苦手だったラベンダーの香りが 数年前から突然好きになり色々増殖中。 . 特にお気に入りはこのふたつ。 ヘアシャインセラムは香りはもちろん 悩みの多い髪質ですが 使いはじめてからまとまる様に。 #多毛倶楽部 .…”
instagram.com

定番アイテムだからと何となくはくのではなく、今っぽくおしゃれにキメたいもの。今回は、真似したくなる“デニムのこなれコーデ術”をピックアップしました♡

大人の「デニムこなれコーデ」8選

計算された“こなれ感・抜け感”がカギ

気を抜きがちなデニムコーデ。何となくはくのではなく、計算された“こなれ感・抜け感”が大人カジュアルのポイントです。

wear.jp

力みすぎず適当すぎず、バランスの計算ができると上級者。今っぽくこなれ感あるコーデ術を、さっそく見ていきましょう♡

①レギンス代わりにデニムで差をつける

wear.jp

まだまだ人気のロングシャツワンピ。深いスリット入りが今っぽさをプラス。レギンスを合わせがちですが、あえてデニムを合わせると差をつけられます。足元に差し色を入れるのもgood。

②大人の抜け感はバランス重視

wear.jp

今っぽさ満点のローゲージざっくりニット。スキニーと合わせることが多いですが、ボーイフレンドデニムだと抜け感UP!アクセやポーチバッグなどで、女性らしさをプラスするとバランス◎。

③甘すぎないレディライクなデニムコーデ

wear.jp

レディライクなデニムコーデ。袖口にレースやフリルを少しだけ見せ、足元はパンプスに。靴下やサコッシュでこなれ感をプラス。甘さ控えめなレディライクさがバランス抜群です。

記事に関するお問い合わせ