無料の会員登録をすると
お気に入りができます

水道光熱費を節約したい! 電気・ガス・水道の基本料金は安くできる?

節約・マネー

電気・ガス・水道の請求金額は、基本料金と使用量に対する従量料金の合計となっています。使用量とは無関係に、一定額の基本料金を支払わなければなりません。
毎月の基本料金を少しでも安くできれば、水道光熱費の節約につながりますが、はたしてそんなことが可能なのでしょうか。今回は、電気・ガス・水道の基本料金について解説します。

水道光熱費の平均はいくらくらい?

水道光熱費とは、私達の生活に必要な「水道、電気、ガス」の使用料金です。水道光熱費は、基本料金に加え、使用量に応じた料金が加算されるのが一般的です。ガス料金は、都市ガスかプロパンガスかによって計算方法が異なります。各家庭にかかる水道光熱費はどのくらいなのか、総務省統計局の資料をもとに全国の平均を表にまとめました。

出典:家計調査 家計収支編|総務省統計局

電気料金の仕組み・基本料金を解説!

まずは、多くの世帯で一番出費が高額になりがちな電気料金について見てみましょう。ここでは、電気料金の仕組み、基本料金、電気代を節約する方法などについて解説します。

電気料金はどのように決まる?

電気料金は契約種別ごとにたくさんのプランがあります。ここでは、東京電力エナジーパートナーが提供する一般的な家庭向けの契約プラン「従量電灯B」について解説します。

電気料金の計算式は、「基本料金+電力量料金(単価×電力量±燃料費調整額)+再生可能エネルギー発電促進賦課金」です。このうち基本料金は、契約電流のアンペア数によって10Aから60Aまで、段階ごとに料金が決められています。アンペア(A)は電流を表し、アンペア数が大きいほど基本料金も高くなります。

以下に、東京電力の従量電灯Bのアンペア別基本料金を紹介します。ただし、電気料金の仕組みや基本料金は、地域や電力会社、小売電気事業者などのプランによって異なります。

出典:従量電灯B・C|東京電力エナジーパートナー ※電力量料金は、燃料価格の変動に応じて燃料費調整額を加算あるいは差し引きます。 ※電気料金を算定する際は、再生可能エネルギー発電促進賦課金を加算します。

電気料金を節約するには?

電気料金を節約する方法の一つとして、契約している電気のアンペアを下げる方法があります。同時にたくさんの家電を使っていない場合は、契約アンペアを見直してみるとよいでしょう。

契約アンペアは、一般的な電気設備で工事の必要がない場合は、無料で希望の容量に変更してもらえます。契約アンペアを下げれば、そのぶん基本料金を安くすることができます。ただし、契約アンペアは年間契約が基本です。エアコンを使う夏だけはアンペアを上げたいというような変更はできないため気をつけましょう。

また、基本料金以外に、電力量を減らすことも電気料金の節約につながります。たとえば、照明をこまめに消す、古い家電を省エネ家電に買い換えるなどが考えられます。特に、常時通電している冷蔵庫、部屋ごとに使う照明、夏冬の在室中は付けっぱなしが多いエアコンなどは効果的です。

消費電力の多い家電や電球を使い続けているなら、最新の省エネ製品に買い換えれば電気代の節約になります。

ガス料金の仕組み・基本料金とは?

ガスの種類にはプロパンガスと都市ガスがあり、それぞれ料金の仕組みが異なります。ここでは、ガス料金の仕組みや基本料金、節約方法を解説します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ