無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カルディで話題の「バターファッジ」ってなに?甘すぎるのにやめられない罠…

グルメ

“一度食べるとクセになる” と話題になっているカルディ取り扱いアイテム「イングリッシュクラシックバターファッジ」。シャリシャリで甘くて、ほろっと崩れる不思議な食感の、日本にはないやみつき輸入菓子の味わいをチェックします!

カルディで話題。バターファッジって?

Photo by muccinpurin

「アルティメット イングリッシュ クラシックバターファッジ」518円(税込)

数々の輸入菓子が並ぶカルディで見つけた「アルティメット イングリッシュクラシックバターファッジ」。日本ではあまり聞き慣れない名前のお菓子ですが、発祥の地とされるイギリスでは誰もが知るメジャーなお菓子で、かつて大ヒットした映画にも登場しました。

バターファッジとは、砂糖やコンデンスミルク、バターを鍋でじっくりと煮詰めて作られる砂糖菓子のこと。もともとイギリスで生まれ、その後アメリカやカナダ、オーストラリアなどに広まったのだそうです。カルディで販売中のバターファッジは、ヨークシャー(イングランド北部)の伝統的なレシピで作られたもののようですよ。

Photo by muccinpurin

原材料は、砂糖、バター、加糖練乳、グルコースシロップ、シュガーシロップ、フォンダン(砂糖、ぶどう糖)のみ。フォンダンシロップは砂糖と水を煮詰めて練ったものなので、ほとんどが糖と脂肪。ちなみにカロリーは100gあたり450kcal、1箱150g入りなので食べ切ると675kcalを摂取することになります。ひぇえ……!

それでも味への興味が衰えないのは、メープルシロップとバターの組み合わせが魅力的だから。さっそくパッケージを開けてご対面です。

見た目はキャラメル。でも…

Photo by muccinpurin

個包装ではなく、薄い袋にまとめて入れられたバターファッジが登場。外から見た感じはいびつな形のキャラメルといった感じですが……。

サクサクほろほろ、癒しの甘さ

Photo by muccinpurin

はじめまして、バターファッジ。表面がマットな薄茶色の塊からは、愛しいメープルの香りがふわり。バターのミルキーな香りも合わさり、食べる前からすでにおいしいことが保証されているような、不思議な魅力を放っています。

表面がマットでざらざらしたバターファッジは、日本でいえば黒糖に近いイメージでしょうか。とはいえ黒糖よりもずっとやわらかく、かじってみるとサクサクほろほろ。口に含むとスッとほぐれて溶けていきます。これか…… “一度食べるとクセになる甘さ” は!

砂糖とはひと味違った甘さは、秋冬に恋しくなるこっくり系の甘さ。見た目の華やかさはありませんが、お母さんが作ってくれたような温かみがあります。

Photo by muccinpurin

さすが砂糖とバターの塊だけあって、のどにジリジリとくるような甘さ。なのですが、バターや練乳のまろやかさのせいか、ほっこりと癒される甘さなんです。一個を食べ終えるといつのまにか次のひと粒に手が伸びる、なんて罪な味なんでしょう。

砂糖の塊を食べている、という背徳感を感じつつも、いつの間にか4~5粒つまんでいました。砂糖が主原料とはいえ、指でつまむくらいでは溶けないので、仕事中にもパクッといけちゃうのがまた罪なところ。脂肪と糖の塊なので、くれぐれも食べ過ぎには気を付けたいところです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ