無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そろそろ年賀状を出すのを止めたい……。どう終わらせるのがベスト?

ライフスタイル

お正月の風物詩にもいろいろありますが、年賀状もそのうちのひとつですよね。しかしデジタル化が進んでいることもあり、年賀状を出す人は少なくなっているかもしれません。そのようななか、そろそろ年賀状を出すことに終止符を打とうかと考えているママから、年賀状の止め方に関する質問が寄せられました。

『年賀状を止める予定の人はどうやって終わらせる? 全然仲がよくない人からも来るから終わらせたいんだけど……』

とくに深い付き合いでもないのに、年賀状でだけ長らくやり取りをしている人っていますよね。もしかしたら相手の方も止めるタイミングがわからずに、ただ出し続けているのかもしれません。ならばいっそ自分から年賀状を止めてしまえば……? と考えた投稿者さん。年賀状を止めるとしたら、どのような終わらせ方をするとベストなのでしょう?

突然出さなくなったという人たちの声

『ある年からいきなり止めた』
『去年いきなりパッタリと止めた。別に困らないよ。「なんで年賀状をくれないの?!」なんて問い詰めてくる人もいなかった。そのうち届く年賀状も減ると思うよ』
『ちょうど喪中になるから、この機会に今後は出さないことにした。喪中のお知らせも送らない予定。元々年賀状を交換する仲でもないのに、「年賀状を送りたいから住所を教えて! 返事とかいらないから」みたいな理由からはじまった相手と、年賀状のやり取りを何年かしていた。でも今年なんてうちが出してから返信してきたみたいだしもういいかなと』

年賀状を止めたママたちの声を見ると、ある年から突然年賀状を出さなくなったという声が目立ちました。自分からは出さないし、もらっても返信を出さない。このような「カットアウト型」スタイルを繰り返しているうちに届く年賀状も減っていくのだそうです。

「止めます」のひとことぐらい欲しいという声も

『私は出しているのに、友だちがある年からぱったり年賀状をくれなくなった。その代わりLINEで「年賀状ありがとう。今年もよろしくね」って来る。年賀状以外の付き合いはいつも通り。保育園からの友だちなのに、そのことだけはなぜか聞けなくて、その後こちらから3年間年賀状を出し続けたけど翌年から止めた。止めるなら止めるで一言ぐらい欲しいよね。こちらからは出しているんだからさ。少なからず気分が悪い』

止める側は問題なくても、受け取るママのなかには、「止めるなら一言ぐらい欲しい」と考える声もありました。年賀状のやり取りをしているママとの関係性や付き合いの深さなどを考慮すると、相手次第では「年賀状止めるね」と伝えるぐらいはしてもいいのかもしれませんね。

宣言してから年賀状を止めるパターン

『平成最後のとき「今年をもちまして新年のご挨拶を止めさせていただきます」って書いた年賀状を出した。気楽になった』
『年賀状は仲がいい友だち数人と実家にしか出していなかった。だから子どもが中学生になったら年賀状を出すのは止めるって伝えてから止めた』
『もう今年の年賀状で終わりって書いたよ。おかげで面倒なことがなくなってスッキリ。もし年賀状が来ても無視する予定』

事前に「これが最後の年賀状です」のような形で予告をするタイプのママたちもいました。

『今年の年賀状に「今年をもって止めます」と書いたけど、前もって秋頃にでもLINEとかハガキとかで伝えたらよかったかなと後から思った。年賀状ってちゃんと文まで読んでない人や、読んでも一年後には忘れている人もいるだろうから』

年賀状の文章で「年賀状は今年で終わります!」宣言をするだけではなく、他の方法でも年賀状を止めることについてきちんと伝えればよかったと後悔した声も寄せられました。同じ宣言型でも考え方はさまざまなようですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ