無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スタバ日本1号店、環境配慮型店舗がオープン。使い捨てカップの廃止、水の再利用など実現

グルメ

2021年12月1日(水)、環境省の管理する皇居外苑 和田倉噴水公園に「スターバックスがオープン!環境配慮に特化した店舗で、国際認証「Greener Stores Framework」を取得した日本1号店です。店舗限定のドリンクも販売されますよ♪

スターバックスの新店舗が皇居外苑 和田倉噴水公園にオープン!

Photo by スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社

2021年12月1日(水)、環境省の管理する皇居外苑 和田倉噴水公園に「スターバックス コーヒー 皇居外苑 和田倉噴水公園店」がオープン!

「Greener Stores Framework」取得の日本1号店

この店舗は、スターバックスが世界自然保護基金(WWF)と共同策定した、環境に配慮した店舗のための国際認証「Greener Stores Framework」を取得した日本1号店です。

また、日本において環境配慮のさまざまな観点から新たなソリューションを試験的に導入、検証する「サステナビリティ ハブ(拠点)」と位置づけ。

オープン時は、特に店舗から出る廃棄物削減の実証実験に軸をおき、リユースを基本とする国内店舗初のサービススタイルが導入される予定ですよ。

国内の通常店に比べ、店舗から出る廃棄物量約40%の削減を目指していくとのこと。

ドリンクは再利用可能なカップを推奨

これまでにプラスチック製から、紙製ストローや紙製カップへの切り替えなど、使い捨てプラスチックを削減するアクションを積極的に行ってきたスターバックス。

新店舗では、さらに一歩踏み込んだ削減に向けたアクションが実施されます。ドリンクの提供を店内利用は、マグや樹脂製グラス、持参したタンブラーやカップ。

持ち帰りは「スターバックスのリユーザブルカップ」(特別価格110円税込)、丸の内エリアで実証実験中の「借りるカップ」も導入されますよ。

通常店舗に比べ、使い捨てカップ使用量の約75%削減につなげます。

リサイクル素材を活用した店内

Photo by スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社

店内は、随所で環境負荷低減の試みが感じられるデザインです。天井部や客席エリアのアートは、廃棄されてしまうキャンバスや糸や漁網を再利用。

天井から下がる照明は、リサイクルガラスや和紙が使用されており、クラフト感によるあたたかみも感じられますよ♪ また店内の家具は、国産木材を100%使用。

古くなったら入れ換えるのではなく、修理しながら長く使い続けるところも特徴です。

環境配慮を目的に “革新的” な新オペレーションを検証

皇居外苑 和田倉噴水公園店では、フードの陳列ケースの設置はありません。デジタルサインでフード商品が表示され、期限切れフードのさらなる廃棄削減を実施。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ