無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知らないと損!冷蔵庫スッキリ・食材長持ち♡便利すぎる食品保存グッズ5選

ライフスタイル

使い捨てのラップやビニール袋をエコなものに変えたいけれど、使いかけの野菜などの傷みが早まるのは困る…。今回はそんなふうにお考えの方に役立つ情報をお届け。山梨県のオーガニックファーム「ぴたらファーム」さんに、エコな保存用アイテムと、それぞれで保存するのに適した野菜を教えていただきました。

オーガニックの農園が教える、エコな食品保存アイテムの活用法

photo:Shutterstock

余ってしまった食材の保存に使うラップやビニール袋は、たった一度、短時間使っただけで捨ててしまうのはちょっともったいないですよね。ただ、最近は洗って繰り返し使えるエコラップなどもたくさん販売されていますが、食材によってはうまくくるめなかったり、密閉性が低くて変色や傷みが早まってしまったりと、使いこなすのが難しいと感じる方もいるのではないでしょうか?

そこで今回ヒントをいただいたのが、山梨県北杜市にある「ぴたらファーム」。農薬や化学肥料不使用で野菜やお米などを育て、それを使った加工品などと共に、量り売りのお店やオンラインショップで販売しています。またその農園では、一般の方が畑づくりに挑戦できる貸し菜園やシェアハウスも運営するなど、ざまざまなことに取り組むオーガニックファームです。 公式サイトでは、プラスチックが使われていない保存容器と、それぞれに適した野菜と保存方法も提案しています。
エコな保存アイテムを取り入れながら、食材の日持ちをしっかりキープする保存の仕方を知りたい方はぜひここでチェックしてください。

保湿性のある蜜蝋ラップは根菜類や果菜類に

photo:Shutterstock

布に蜜蜂の巣から採れる蜜蝋を染み込ませて作られる、抗菌性・保湿性がある「蜜蝋ラップ」。手の温度で温められると柔らかくなり、冷えると少しかたくなる性質があり、野菜を包んだり容器を覆ったりすると、食材の鮮度を保つことができます。

水洗いするだけで繰り返し使え、汚れが気になったときには中性洗剤や弱酸性の洗剤で洗うことも可能。(ただし、蜜蝋は高温で溶けてしまうので、洗うときには高温のお湯を避けましょう。電子レンジでの使用も不可となっています。)何度も使って古くなったら、植物の株元に敷いて水分蒸発や雑草を防ぐマルチング材にでき、いずれ自然分解されて土に還るのだそう。
蜜蝋ラップはさまざまなブランドやお店から販売されていて、キットなどを使って自作することもできます。

photo:ぴたらファーム

上記のとおり、ラップの代用品になる蜜蝋ラップ。器を覆うのに使え、おにぎりやサンドイッチの持ち運びにも重宝します。ある程度保湿性があるので、使いかけのじゃがいもやにんじんなどの根菜類、ナスやピーマンなどの果菜類を包んでも。その際は、切り口をしっかり覆うようにすると長めに保存できるそうです。

洗って繰り返し使えるのがうれしい。環境にやさしい素材で作られた、おしゃれなエコラップ特集洗って繰り返し使えるのがうれしい。環境にやさしい素材で作られた、おしゃれなエコラップ特集料理の保存に使用するラップは、すぐにゴミになってしまってもったいない…。そう感じる方におすすめなのが、洗って繰り返し使え... https://sheage.jp/article/63454
カット野菜の保存・皿のフタにも使える。ラップがいらなくなる「みつろうラップ」を作ってみたカット野菜の保存・皿のフタにも使える。ラップがいらなくなる「みつろうラップ」を作ってみた“サステナブルな行動”のバトンをつなげていく、リレー連載企画「#TSUNAGU100」。サステナブルなコトを取り入れたナ... https://sheage.jp/article/80219
10分で自分の好きな形や大きさのエコラップが手作りできる「布でつくる みつろうラップ」10分で自分の好きな形や大きさのエコラップが手作りできる「布でつくる みつろうラップ」布と蜜蝋などの天然素材でできていて、洗って何度も使えるエコラップ。それをたった10分で簡単に作れる「布でつくる みつろう... https://sheage.jp/article/65417

保湿力高めのワックスペーパーは果菜類、葉菜類・豆類もOK

photo:Shutterstock

おしゃれな雑貨屋さんのラッピングや、古本屋さんの本のカバーとして使われているイメージがある蝋引きの紙、「ワックスペーパー」。食品包装用の袋もあり、かつては魚などの生ものの鮮度維持や、お惣菜入れに日常的に利用されていたのだとか。

鮮度の落ちやすい野菜はもちろん、下処理や調理をしたあとの野菜も直接入れられ、冷凍も可能。洗えば3回ほどは繰り返し使え、蜜蝋ラップと同様にマルチング材にできて自然に還ります。

photo:ぴたらファーム

ワックスペーパーにはジップロック(R)と同じぐらいの保湿力があるそうで、幅広い食材に使え、切った使いかけの野菜も水分を保ったまま保存できます。
果菜類のきゅうりやオクラ、根菜類の大根は、水分が多かったり乾燥に弱かったりする食材なので、ワックスペーパーの袋に入れて冷蔵庫の野菜室や冷暗所で保管するのがおすすめ。(ちなみに夏の定番野菜のトマトやピーマン、きゅうりなどの適温は10度前後。水分が多いので暑すぎればカビが発生し、寒すぎると身を守るために養分が分解されて味が薄くなるのでご注意を。)
傷みやすいレタスやグリーンリーフなどの葉菜類や、早めに使い切りたい豆類、とくに鞘付きのエンドウやインゲンなどの冷蔵保存にも適しています。

また、野菜や豆類を加熱してから保存してもOK。傷みやすいブロッコリーや菜の花は、すぐに食べない場合は固めに茹でてからワックスペーパーの袋に入れて冷蔵庫へ。枝豆やモロヘイヤも茹でてから冷蔵・冷凍できます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ