無料の会員登録をすると
お気に入りができます

名古屋発「積奏(せきそう)」のバターサンドが絵画のように美しいと話題![ときめく手土産スイーツ]

グルメ

@BAILAのフード連載で、「もとフードバイヤーmanami」としてグルメスイーツを紹介してくれていたライターの轟木愛美さん。今回より、轟木さんおすすめの手土産をご紹介する内容にリニューアルします。
轟木さんの手土産選びのカギは「ときめき」。ストーリー、ビジュアル、おいしさの3拍子そろった手土産スイーツは、仕事相手やお世話になっている方、親せきや友達に喜ばれること間違いなしです!

絵画のように美しい、「積奏」のバターサンド

今回ご紹介するのは、名古屋発・オンラインショップで販売されている「積奏」のバターサンド。
様々な素材を重ね合わせ、”季節や景色の広がりを感じる”ことができるようにと作られた至福のスイーツ。
2021年10月のデビュー以降、スイーツラバーの間で人気がじわじわと広がっている今注目の一品です。

積んでも並べても絵になるアーティスティックなバターサンド

バターとチーズ、果物、木の実にチョコレートといったさまざまな素材の組み合わせによって生まれたバターサンドは現在13種類。
オンラインショップではそれらを4種類ずつアソートにした「風」、「波」、「虹」セットや、季節限定の「夏詩」セットなどがラインナップ。
特製ボックスにはイラストレーターの山口洋佑さんが描いた美しい風景画が。
上品で繊細なビジュアルは、贈る人の性別や年齢を選ばずどんなシーンでも活躍するはず。

◆風セット バターサンド(4種)
¥2080

積んでも並べても絵になるアーティスティックなバターサンドは、断面まで抜かりなし。
いろいろ食べ比べてお気に入りを見つけるのも楽しみのひとつ。

私が選んだ「風セット」は、レーズン、いちご、キャラメル、チョコバナナの定番フレーバー4種を詰め合わせたもの。

〈詰め合わせ内容〉
・ラムレーズングラッセ
・フレーズショコラブラン
・キャラメルウォールナッツ
・ショコラバナーヌペカン

味のポイントはこだわりのバタークリーム。
北海道産のバターとクリームチーズを混ぜ合わせた特製のバタークリームを使用。要となるバターは、通常より濃厚な低水分バターを極限までホイップし、空気を抱きこませることで、軽く口溶けのよい食感に仕上げたものとのこと。

冷凍状態で届くバターサンドは、解凍時間によって3つの味わいが楽しめる仕様。
冷凍庫から出してすぐは、冷たくパリパリした食感のアイスケーキのよう。
また、1〜2時間ほど自然解凍すれば、甘みや香り、食感をしっかり味わえ、さらにしばらく置けば、クリームが柔らかくなり、サブレでディップしながらいただくことも可能。

片手でカジュアルに楽しめるのもバターサンドの魅力。
サクサクのサブレに、コクのあるバタークリーム。
食べ進めるうちに体温で温められたクリームが溶け出しよりなめらかに。
コーヒーはもちろん、ワインや、ウイスキーといったアルコールとのマリアージュも最高。

普段はオンラインショップのみの販売ですが、現在期間限定で全国POP UP SHOPも開催中。
目でも楽しめるときめくバターサンド、夏のおもたせに重宝しそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ