無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ごぼうのイメージがくつがえる!簡単&おいしすぎる洋風おつまみ4選

レシピ

フードコーディネーター・スパイス香辛料アドバイザーの笠原知子です。食物繊維たっぷりのごぼう。きんぴらに、煮物に…とおいしいんだけど何かと手間がかかるイメージが抜けない方、多いのではないのでしょうか。そこで今回は、ごぼうのイメージを覆し、しかも簡単に作れる洋風おつまみをご紹介します。

食物繊維たっぷりな野菜の代表格「ごぼう」

きんぴらごぼうや、煮物や豚汁など、いろいろな料理で親しまれているごぼうですが、調理が面倒で自分ではあまり料理しないという方もけっこう多いようです。

ごぼうは、和食に使われることが多く、ちょっと地味なイメージがありますが、チーズやオリーブオイルなどとも相性がよく、洋の食卓でも楽しむことが出来ます。

また、面倒な皮むきなどの下ごしらえは実は不要で、水に長くさらしてアクを抜く必要もないので、忙しくて時間がないからと、敬遠しなくても大丈夫。

不足しがちな食物繊維がしっかりとれ、美容や健康にもいいごぼう、どんどん食卓に取り入れたいですよね。

ごぼうの購入と保存

スーパーの売り場には、泥つきのごぼうと洗いごぼうが売られていることが多いと思いますが、保存性が高い泥つきは、新聞紙に包んで冷暗所で保存します。

一方、洗いごぼうは、鮮度が落ちやすいので、ビニールやラップに包み、冷蔵庫で保存します。

買うときは、太さが均一でひげ根が少ないもの、先端まで張りがあるもの、まっすぐで割れていないものを選ぶようにしましょう。

ごぼうの下ごしらえ

ごぼうの香りや風味は、皮の部分に多く含まれているので、ピーラーなどでむいてしまうのはNG。
たわしでこすり洗いする程度でOKです。

汚れが気になるところは、包丁の背でこそげたり、くしゃくしゃにしたアルミホイルでこすると、薄く皮がとれるので便利ですよ。

ごぼうは、切ったら水にさらしてアクを抜く、というやり方が一般的ですが、ごぼうの黒ずみは、ポリフェノールなので水にさらす必要がないともいわれています。

水にさらす場合は、短時間でOK。私は、ささがきぼごうなどは、切ったものを水に入れて、切り終わったら水を切って使う、そのくらいにしています。

さて、ごぼうを使った料理、今回はワインやビールのおつまみになるようなレシピをご紹介します。

揚げごぼうのクミン塩

揚げたごぼうは香ばしく、おつまみにぴったり!塩を振るだけでもおいしいのですが、クミンパウダーを振れば、手がとまらなくなるおいしさですよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ