無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お尻や体幹を鍛えてポーズ力を上げる!キーマッスルを鍛える「ヨガ筋トレ」[まとめ]

美容

はじめに

「ヨガのポーズは、全身の筋肉を連動させてつくりますが、ポーズごとに主軸となる筋肉があります。そこが弱いと、いつまでも同じことでつまずきがちです」とエドワーズ壽里先生。
日常の動作のクセなどで、筋力は部位ごとに偏りやすいもの。苦手の克服に特化した筋トレで、ポーズ力を高めていきましょう。

1キーマッスル“体幹”を鍛える「ヨガ筋トレ」

プランクでお腹が落ちてしまったり、写真のようにナヴァーサナで背中が丸まり、下半身に力が入らない状態になっていませんか? 痛めやすい部位をケアしながら、安全に適切にポーズ力を高めましょう!

ナーヴァーサナのNG/Photo by Sayaka Ono

記事を読む

2“お腹と横尻の筋肉”を鍛える「ヨガ筋トレ」

ヨガスタジオで「木のポーズ」を取る時、バランスがとれなくてグラグラしてませんか? 鍵になるのは脚…ではなく、お腹と横尻の筋肉。つまり体幹です! 無心に鍛えるのでなく、効かせるポイントが解説されているのでわかりやすい♪

木のポーズ
体幹

“お腹と横尻の筋肉”を鍛える「ヨガ筋トレ」/Photo by Sayaka Ono

記事を読む

3“腕の後ろの筋肉”を鍛える「ヨガ筋トレ」

キープし続けるのが意外ときつ~いチャトランガダンダーサナ。腕の後ろ側の筋力をつけることで、ポーズは楽に、腕は引き締まります。チャトランガダンダーサナが登場する太陽礼拝で、違いを確かめてみて!

チャトランガダンダーサナ
太陽礼拝

“腕の後ろの筋肉”を鍛える「ヨガ筋トレ」/Photo by Sayaka Ono

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ