無料の会員登録をすると
お気に入りができます

話題沸騰中の「クマのプーさん展」仕事を忘れ、プーさんの世界に浸ってきた。

旅行・おでかけ

編集部撮影

2019年4月14日まで、Bunkamura ザ・ミュージアム(東京都渋谷区)で「クマのプーさん展」が開催中です。

『クマのプーさん』は1926年にイギリスで出版され、50以上の言語に翻訳、全世界で5000万部以上のシリーズ本が出版されています。
今回の展覧会は、世界最大規模でプーさんの原画を所蔵するイギリスのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)所蔵の原画が見られるということで、SNSでも注目を集めています。

開幕から約1か月経った3月5日、大好評の「クマのプーさん展」に記者も行ってみました。

プーさんの原点を辿る

入り口にも撮影スポットが(編集部撮影)

展覧会は全5章で構成されています。プーさんのはじまりから物語、著者のA.A.ミルンと挿絵を描いたE.H.シェパードの関係性、プーさんが本になり世界に広まるまでを、E.H.シェパードの鉛筆素描画を見ながら追うことができます。

原画の横にはキャプションが付いていますが、より展覧会を楽しみたい人は、音声ガイド(税込550円)をおすすめします。ナビゲーターを務める女優・葵わかなさんの解説、アニメ『くまのプーさん』のナレーター・青森伸さんのユーモラスな朗読、原画にマッチした音楽とともに、プーさんの世界を案内してくれます。

(編集部撮影)

プーさんと個性豊かな仲間たち(編集部撮影)

子どものころに読んだ記憶があるプーさんですが、こんなにも絵に注目したのは初めてです。いまにも動き出しそうなプーさんと仲間たち、その表情や仕草に見入ってしまいます。登場人物の少年「クリストファー・ロビン」はA.A.ミルンの息子がモデルとなっていますが、第1章ではプーさん誕生のきっかけなど詳細を知ることができます。

(画像はリリースより)

第2章の展示は撮影可能(接写禁止、編集部撮影)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ