無料の会員登録をすると
お気に入りができます

セックスで快感を得るには筋肉が必要♡充実したセックスをための女性向け筋トレ

セックスを充実させるには、女性こそ筋肉が必要

「セックスで消費するカロリーは〇〇」「疲れているからセックスできない」などと言われるように、セックスには相当な体力を要します。そのため、充実したセックスをするには、セックスの最中に疲弊しないような体力づくりが重要になってきます。体力がつけば、いろいろな体位にも挑戦でき、新たな快感をどんどん見つけることができます。

男性の興奮度やセックスへのやる気

開放的にセックスできるようになり絶頂を迎えられる

セックスに女性の筋トレが重要な理由!
・体力がつく
・いろいろな体位ができるようになる
・男性の興奮度が上がる(やる気もアップ!?)
・自信が持てるようになりセックスに没頭できる

充実したセックスに、女性こそ筋トレをしておいた方が良いのです。早速ここからは、簡単にできてなおかつ女性のセクシーさをアップさせる筋トレをいくつかご紹s介します。

良いセックスのための筋肉をつける方法

男性に頼り切ったセックスをしないために、女性も筋肉をつけていきましょう!今回は女性「セックスに必要な筋力」をつけるための方法をご紹介いたします。

セックス筋肉トレーニング①:「内転筋」

まず鍛えていただきたいのが、セックスの感度を高めるための筋肉「内転筋」です。内転筋とは太ももの内側についている細かな筋肉の総称で、ここを鍛えることによって膣の収縮強度を上げることができるためセックスをより充実させられるでしょう。

鍛え方としては、足を真横に向けてそのまま開き膝が90度になるまでゆっくりと腰を落としてキープする「ワイドスクワット」や、寝転がったまま足を天井に向けて、そのまま脚を開いたり閉じたりする「脚パカ運動」が効果的です。

【トレーナー監修】100回スクワットしても美尻になれない。本当に効くワイドスクワットを「#爆尻ガール」が伝授
太ももに夢の“隙間”を!内転筋を鍛える3つのトレーニング

セックス筋肉トレーニング②:「ふくらはぎ」

前述の内転筋の動きを助け、さらにセックスをよくしてくれるのがふくらはぎの筋肉です。ふくらはぎは大きく筋肉をつけるというよりもストレッチなどで伸ばして柔軟性をつける方が美脚にも繋がります。

例えば、つま先だけを段差に乗せてかかとを下の段につけてふくらはぎを伸ばしたり、膝裏とふくらはぎの筋肉を繋いでいる部分を少し強めにさすったり指で押したりするだけでもふくらはぎの柔軟性を鍛えることができます。また、セックスの際には身体をしっかりと支えることができるため、ふくらはぎを鍛えることはセックスの充実にも効果的でしょう。

セックス筋肉トレーニング③:「背筋」

セックスの時に腰や背中を浮かせたりする場面があるかと思いますが、そんな時にも背筋がしっかりとしていれば難なくこなすことができます。また、背筋を鍛えると背筋が整い、後ろから筋肉で引っ張ってくれるため美しいお腹を作ることもできます。背筋を鍛える方法は、うつぶせになってそのまま背中側で手を組みゆっくりと反らせてゆく「上体起こし」がおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ